ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  鄭容順 >  奈良おんな物語《18》「太極拳・茶道の指導者・中村愛子」上:鄭容順

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奈良おんな物語《18》「太極拳・茶道の指導者・中村愛子」上:鄭容順

「プロフイル」
中村愛子さんは1931年、大阪市阿倍野区で生まれた。現在80歳、奈良市在住。幼小の頃から茶道を習い大人になっても習ってきた。茶道指導の免許も取得、自宅で茶道指導をしながら1995年に出会ったのが「太極拳」、奈良市西老春の家で行われていた健康体操だった。


中村愛子

高齢者の入り口に入ったときに出会った体のいい健康体操、太極拳に中村愛子さんは健康を保つ秘訣であると知って続けてきた。
高校時代の同級生が始めた活動で同級生が指導する助手をしてきた。同級生は腰を痛めたことで中村愛子さんが指導することになった。
「大極拳」で活動する肩書きは奈良市太極拳協会理事、指導可能分野は「太極拳練功十八法」で「入門・初級太極拳」「簡化24式太極拳」を丁寧に小学生から高齢者まで体力に応じて丁寧に指導している。

20周年記念式典

平城遷都1300年祭

「太極拳」
筆者は「太極拳」は見たことがあったが実際にしたことがなく生活からはかけはなれたものだった。そこで中村愛子さんに「太極拳」に関することを文書で書いてもらってFAX送信をして頂いた。
その文書を紹介します。
『太極拳とは』中国の古い歴史のなかから生まれた武術で健康法である。
『特徴』柔軟な動きで相手の力を外し自分の力を最も合理的に使う高度な技法である。
『練習』心身をリラックスさせ意識で体の動きをコントロールし、呼吸と組み合わせてゆっくり柔らかく行う。年配者や虚弱体質の人でも体力に合わせて参加することができる。また筋肉の隅々にまで意識がいきわたり、ゆっくりとした全身運動である。そのうえ誰でもどこでもいつでも手軽にできるスポーツである。
『効果』筋肉、大脳、内臓、精神面、減量などの効果、背柱および軟部組織への効果、自己治療能力の効果がある。
『多面性』武術、健康法、医療体操、芸術的な表現スポーツ、競技用スポーツ、
演武スポーツとして力と技と美の表現スポーツです。
『簡化24式』中国人民体育運動委員会が1956年、正式発表され中国そして日本でも広く普及している。
太極拳はこれ以外に48式、88式、42式(総合)、伝統四式、32式剣、42式剣などがある。

<写真説明>1、中村愛子さん、オーガニックカフェ・ミルクテイで、2012年5月9日撮影。2、奈良県武術太極拳フエステイバル20周年記念式典(2012年3月24日~25日)で披露した「飛天太極拳」。3、2010年は平城遷都1300年祭、2010年開催中、5月の連休に1300人が太極拳を披露、その時の写真です。
[ 2012/06/26 06:00 ] 鄭容順 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。