ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  川瀬俊治 >  日本軍「慰安婦」問題の解決をめざして2つの集会:川瀬俊治

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本軍「慰安婦」問題の解決をめざして2つの集会:川瀬俊治

 韓国ソウルに今月「戦争と女性の人権博物館」がオープンしましたが、その記念の集会が東京と大阪で6月9日、10日に開かれます。その案内です。



韓国ソウル「戦争と女性の人権博物館」オープン記念集会

   日本軍「慰安婦」問題が切り拓いた地平
    アクティブミュージアムの可能性

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2004年から募金活動が開始された「戦争と女性の人権博物館」。
8年余の歳月を経て、5月5日、ついにオープンしました。
日本軍「慰安婦」問題を記憶し、今も続く戦時下における
女性への暴力を根絶するため活動していくアクティブミュージアムとして
韓国ソウルに開館した同博物館には、日本の市民の思いも込められています。
加害国の市民が協力して被害国にオープンした博物館を、
今後、両国の市民が共に支え、その活動を活性化させていくために、
何ができるのか、何をなすべきなのか。共に考える場にしたいと思います。

1部 戦争と女性の人権博物館オープン報告;尹美香さん

2部 対話 尹美香さん × 高橋哲哉さん

尹美香  戦争と女性の人権博物館館長、韓国挺身隊問題対策協議会常任代表
高橋哲哉  戦争と女性の人権博物館日本建設委員会呼びかけ人、東京大学教授

日時 2012年6月9日(土)13:30~16:30(開場13:00)
場所 韓国YMCA 9階会議室
資料代 800円

主催 戦争と女性の人権博物館(WHR)日本建設委員会
    Email;whrmuseum@gmail.com
    TEL&FAX 03-6324-5737
URI;http//www.whrmuseum-jp.org
後援 戦時性暴力問題連絡協議会



★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡


「戦争と女性の人権博物館」オープンを記念して
  ハルモニの希望こそ平和への道

★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡


日時:6月10日(日) 午後2時~(1時30分開場)
場所:尼崎女性センター トレピエ ホール
    阪急電車神戸線 武庫之荘駅
資料代:800円(学生400円)
報告1:尹美香 戦争と女性の人権博物館館長、韓国挺身隊問題対策協議会常任代表
      「戦争と女性の人権博物館」が開く平和の時代ー境界を超えた連帯を!
報告2:藤永壯 大阪産業大学教授
      「『慰安婦』・朝鮮学校・植民地主義ー問題の解決を阻むものは何か」

共催 日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク
    日本軍「慰安婦」問題を考える会・尼崎
    連絡先:080-6185-9995

[ 2012/05/20 11:25 ] 川瀬俊治 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。