ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  川瀬俊治 >  核兵器保持が力のバロメーターなのか:川瀬俊治

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

核兵器保持が力のバロメーターなのか:川瀬俊治

3月末には韓国にいたが、今回の朝鮮民主主義人民共和国(共和国)の「人工衛星」打ち上げに日本のような緊張感はほとんど感じなかった。

イージス艦の配置など、日本にとって軍事的緊張を演出するには絶好の機会になった。共和国は常に日本の軍事的緊張を「演出」する役回りというより、核兵器という現代社会の方向性を占う座標軸をどう打開していくのかが日本にとわれているのではないか。軍事的緊張ばかり目立ち、メディアはその火付け役を担った。国際社会の警戒の目は消えないが、北ばかり「悪役」を押し付けてはいないかとも思う。核兵器保持が国際社会での発言力のバロメーターである価値観に挑戦せねばならない。民族が分断を強固にしているのも核兵器問題だと気づいたいま、どう核兵器をなくしていくかに取り組まねばならない。
[ 2012/04/13 22:35 ] 川瀬俊治 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。