ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  片山通夫 >  ロシア脱出:片山通夫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロシア脱出:片山通夫

20070119.jpg

 次の日曜日・3月4日、ロシア大統領選挙が行われる。プーチン氏の返り咲きという結果になると大方は認めている。それでもクレムリンを囲む「人間の鎖」のような「公正な選挙」を望む声は中流層からも聞こえてくる。先の下院選挙で不正が行われたという印象が国民の間で浸透してきているようだ。(写真:2007年1月ユジノサハリンスクで筆者撮影)



海外移住への夢
 ブルガリアにヴァルナという黒海沿岸の町がある。所謂リゾート地だ。この黒海沿いの町は今リゾートマンションが多く建っている。モスクワから直行の航空路もあり、とても便利だという。おまけに物価は安く、ロシア語もとてもよく通じる。
 サハリンはおろか、ロシアの中流層は、この町にマンションを買う。
 また、韓国・釜山も人気の町だ。一般的にロシアに比して温かい。特に50万人は下らないと言われている韓国・朝鮮系ロシア人にとっては、言葉の問題も、食生活も韓国だと何の問題もないようだ。

 今、ロシアの中流層は、海外移住を考えている。筆者の友人なども釜山やヴァルナにマンションを買った。ユジノサハリンスクは物価は高いし、おまけに寒い。この稿を書いている2月27日など、ユジノサハリンスクの気温は最高-8度、最低気温に至っては-18度だ。http://weather.jp.msn.com/local.aspx?wealocations=wc:RSXX0125
 誰が考えたってこんなところに住みたくはない。

年金生活者
 ロシアは年金生活者が多い。年金は外国籍になっても受け取ることができるという。いわんや、居住地だけの変更だったら、受け取ることに何の問題もない。そこで年金生活者は「物価の異常に高い」サハリンでは生活したくなくなる。勢い温かい地域(国)に移りたくなって、それを実際に実行する。筆者の知り合いも「物価が安いし温かい」という理由で海外に移住を決めた家族が幾組かある。釜山やヴァルナがその行き先だ。

中流層の海外逃避
 一方、ロシアという国に「愛想を尽かしての海外逃避」も多いという。たとえば「今度の選挙でプーチンが大統領になるのだろう。これからプーチンが二期12年大統領として、この国に君臨するのを考えただけでぞっとする」という声がある。「しかし個人の力ではどうにもならない。テレビもラジオもプーチンの番組しか流さない。そんな国に魅力があるとは思えない」という。また医療水準の低さも問題だという。
 そこで考えられるのが「海外移住」という抵抗だ。
毎日新聞の報道によると「(ロシア)会計検査院は、ここ数年で125万人に達したと推測している。民間世論調査機関「レバダセンター」が昨年夏に発表した調査結果では、22%が国外移住を希望すると回答」と伝える。
「国民の22%が海外移住を希望する国」それがロシアが抱える問題である。

 さてプーチン氏はこの国民の「ロシアからの逃避」にどのような政策を打ち出せるのか注視して行きたい。
[ 2012/02/28 11:53 ] 片山通夫 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。