ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  片山通夫 >  サハリンで「クリルは我が領土」集会開催

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サハリンで「クリルは我が領土」集会開催

120217sekoryo.jpg
「クリルは我が領土」盛大に
<写真説明>
11日、勝利の広場での集会―「クリルは我が領土」(撮影:李・イエシク)
 サハリンで発行の韓国語新聞セコリョが伝えた。
 

 さる2月11日(土)、ユジノサハリンスク市「勝利の広場」で行われた集会「クリルは我が領土。これは終わり!」に数千人の市民が集った。サハリン州職業同盟が主催した同集会にはユジノサハリンスク市民のほか、ホルムスク、ドリンスク、ウゴレゴルスクなど地方からの参加者もいた。集会にはアンドレイ・パポツキン州議員、イゴリ・ドロザニノフアフガニスタン戦争老兵、チェーホフセンターの俳優、ウラジミル・アバシェフなど各界の有名人がマイクを握って「クリルは我が領土だ。私達は隣国と仲良く暮らしたい。しかし、ロシアの国境は守らなければいけない」と訴えた。参加者らは無料で配ったスープとイクラなどを味わいながらサハリン芸術団の公演を楽しんだ。最後の舞台はサハリン出身有名な歌手で作曲家のイゴリ・ニコラエフが飾った。特に「サハリンを愛する人」という彼の曲は大歓迎を受けた。氷点下の寒さの中で市民たちは数時間も会場を離れなかった。

 また同紙は、「14日、ロシア陸軍隊長はクリルに2つの軍駐屯地を建設すると発表した。現在、5つの駐屯地があるが、2013年にはクナシリとエトロフに新しい駐屯地を建設し、軍の装備も再整備されるほか、エトロフには軍飛行場も建設する予定」だと、北方領土(クリル諸島)に対してロシア側が着々と実効支配の度合いを高めておる様子を同時に伝えた。
[ 2012/02/18 14:10 ] 片山通夫 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。