ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  川瀬俊治 >  ドキュメンタリー映画監督布川徹郎さん死去:川瀬俊治

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドキュメンタリー映画監督布川徹郎さん死去:川瀬俊治

ドキュメンタリー映画監督の布川徹郎さんが9日午前呼吸不全で死去した。享年69。通夜は10日午後7時から、葬儀11日正午から、大阪市浪速区戎本町の大阪祭典http://yahoo.jp/Umzcxz(最寄駅はJR新今宮駅、JR今宮駅、南海今宮駅)。25日午後1時から大阪市西成区萩之茶屋3の1の10の「ふるさとの家」でお別れの会を開く。



 布川さんは早稲田大学時代からドキュメンタリー映画制作をはじめ、日本ドキュメンタリオーユニオンを結成、作品「倭奴へ 無告の在韓被爆者の記録」では長期間韓国に滞在し取材、これを約1時間の作品にまとめたもの。在韓被爆者孫振斗さんの姉へのインタビューは歴史的証言としても貴重で、2010年夏の「ふるさとの家」での映画祭で上映され、再上映の機会が増えていた。ほかに「パレスチナ‘76-‘78」「幻の混民族共和国」などある。

一〇年ほど前から大阪に住み、大量の住民登録問題や長居公園のテント村撤去を追うドキュメンタリーを関西の若手映像作家とともに作品化した。

 昨年秋に体調をくずし入院したが、快復して退院、療養に努めていたが、病状が急変してなくなられた。関西のドキュメンタリスト育成にアドバイスを送るなどの活動もしてきた。筆者は10日ほど前に自宅を見舞ったが、元気なご様子だったので訃報には本当に驚いた。ご冥福をお祈りする。
[ 2012/02/10 12:08 ] 川瀬俊治 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。