ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  Web管理室 >  帝塚山学院大学の元朝日記者教授の脅迫事件   三室 勇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

帝塚山学院大学の元朝日記者教授の脅迫事件   三室 勇

「帝塚山学院大に脅迫文 元朝日記者教授の退職要求」という記事が朝日新聞に掲載されている。
その内容は以下の通りだ。

 帝塚山学院大(大阪府大阪狭山市)に今月13日、慰安婦報道に関わった元朝日新聞記者の人間科学部教授(67)の退職を要求し、応じなければ大学側に危害を加えるという趣旨の脅迫文が届いていたことが、府警や大学への取材でわかった。大学は被害届を提出、府警が威力業務妨害容疑で調べている。元記者は同日付で退職した。

 府警や大学によると、同大狭山キャンパスに法人理事長や学長らに宛てた封書が計4通届き、それぞれA4判2枚の文書に「辞めさせなければ学生に痛い目に遭ってもらう。釘を入れたガス爆弾を爆発させる」などと記され、釘1本が同封されていたという。

 大学は同日、被害届を提出。元記者からは同日夕、学長に退職の申し出があり受理されたという。退職理由について大学は「本人の申し出としか申し上げられない。脅迫文とは関係ない」としている。

 朝日新聞社は8月、過去の慰安婦報道について、女性を強制連行したと証言した吉田清治氏(故人)に関する記事を取り消した。元記者は吉田氏に関する記事を数本書いていた。朝日新聞社は吉田氏の証言を最初に取り上げた記事の筆者をこの元記者としていたが、その後、この元記者でなかったことが確認された。

以上が記事内容だが、辞職に応じた大学は、大学の名に恥、大学の名を削除すべきではないのか。
朝日慰安婦記事問題は、笠に着てバッシングする蒙昧な連中のドツボに入ってきているが、マスゴミの餌食になることは予想はされたことだ。しかし、一介の脅迫で怖気づくのは、あまりにも大学として恥ずかしいのではないか。理知を教えるのであれば、理知で答えるべきであろう。学生たちに恥ずかしくない態度を示すべきであろう。

元記者も問題がある。ご迷惑を掛けたくないとして、辞めたなら、許されるものではない。き奴らを増長させる片棒を担いだのだから。

[ 2014/09/30 20:16 ] Web管理室 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。