ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  片山通夫 >  5月3日 『国際報道自由デー』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

5月3日 『国際報道自由デー』

国境なき記者団」からの案内です。

“情報ヒーロー 世界の100人に ジャーナリスト寺澤有さん選出”

日本の警察で寺澤有の味方は皆無に等しい。学生時代から警察腐敗の告発を始めて、数々の記事や出版本により、20年の間に悪事を暴露されクビになった警察官や幹部は100人を超える。2006年、彼のルポタージュを現本にした映画『ポチの告白』が公開された。当然、これに対する大きなツケを寺澤は支払った。


「警察に殴られたり、尾行されたり、連れ込まれたり、逮捕状なしに拘束されたりしました」と寺澤は語る。警察だけでなく、同時に寺澤は日本の主要な政府機関そして、記者会見や政府の情報源へのアクセスを制限する新聞、TV企業が独占する記者クラブに対しても挑戦している。同じメディアという同業者の間でも、皆が皆、彼の友人だという訳ではない。

今年3月28日、“特定秘密保護法”の施行に反対し、日本政府に対して訴訟を起こした。特定秘密保護法により、調査報道が打撃を受けるからだ。

選定に当たったアジア担当デスク、ベンジャミン・イシュマル氏のコメント

「 政府の情報の透明性への懸念を示している フリーランスジャーナリストは寺澤有だけではない 。調査報道のジャーナリストとしての働きの上に、更に法的手段に訴え出た数少ないジャーナリストの1人である。メディアの見解において、彼のような存在はとても希少価値がある。また彼の熱心な取材への取り組み、そして彼が取っている 危険を再評価することが、日本の情報コントロールされた状況そして、同国の自由報道の進展を阻む記者クラブ制度への意識を高める機会になることを願う」

Benjamin Ismail, Asia Desk :
"Yu is not only a freelance journalist concerned by transparency of the government, he is one of the only who take additional legal action, on top of his work as investigative journalist"
It makes him very rare in the media landscape. Also by recognizing his hard work and the risks he takes, we have an opportunity to raise awareness on the situation of control of information in Japan and the system of Kisha clubs, which hampers press freedom in the country"



REPORTERS WITHOUT BORDERS / REPORTERS SANS FRONTIERES
PRESS RELEASE / COMMUNIQUÉ DE PRESSE



Visit our new website : "100 INFORMATION HEROES"

05.03.2014

ENG : http://heroes.rsf.org/en/yu-terasawa/

FRA : http://heroes.rsf.org/fr/yu-terasawa/


JAPAN
Yu Terasawa

Yu Terasawa has few friends in the Japanese police. He was still a student when he began his career in journalism by exposing police corruption. More than 20 years later, about 100 agents and officers have been fired, prosecuted or subjected to disciplinary action as a result of the countless articles and books he has written on the subject. In 2006 a film entitled “Pochi no Kokuhaku” (“Confessions of a Dog”) based on his writings was released. Naturally, that got him into trouble. “I was beaten, followed, robbed, arrested without a warrant,” he said. At the same time, he also took on that most Japanese of institutions, Kisha Clubs,associations of newspapers companies and Tv stations with exclusive – and often complicit – access to press conferences and official sources. Even among his own colleagues, not everyone is a friend… On 28 March this year, he launched legal proceedings against the government after a law on state secrets was introduced
[ 2014/05/06 09:03 ] 片山通夫 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。