ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  鄭容順 >  奈良おんな物語《37》「奈良のママが仕事をつくる会(ナラマーシカ)代表―井上京子」中:鄭容順

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奈良おんな物語《37》「奈良のママが仕事をつくる会(ナラマーシカ)代表―井上京子」中:鄭容順

「主婦と居酒屋チェーンと共同開発」
全国に店舗を持つフライチャンズを展開する居酒屋チェーン「はなの舞」(奈良新大宮店)と、共同開発をして新メニューを開発した。2013年3月のことだった。


メニューは「甘酒ドレッシング」で食べる「カルパッチョサラダ」とフルーツ「味噌チョコディップ」、お酒を楽しみながら年を重ねても錆びない女 性でいてほしいという願いをこめた。
素材は健康と美容に欠かせない甘酒や味噌など、発酵食品、果物や野菜をふんだんに使用。4月1日からメニユーとして登場している。
「甘酒ドレッシング」で食べる「カルパッチョサラダ」は酒粕の香りと甘みをほんのり残したドレッシングが特徴の献立、米粒のプツプツとした食感がまた面白い。
「カルパッチョ」にはサーモンを使用、サーモンには「細胞を傷める活性酸素を消す「アスタキサンチン」が含まれている。健康効果が期待される食材という。
「フルーツの味噌チョコデイップ」は豆乳と味噌、ビターチョコを使用したデイップソースを添えている。
塩キャラメルのような甘塩っぱさが 特徴でデザートとしてだけでなくウイスキーを飲むつまみとしても楽しめる。
井上京子さんは居酒屋チェーンとの共同開発に「仕事に家庭、お酒を楽しみながら生き生きと活躍する女性を応援、女性たちの声とアイデアを取り入れた食材は顧客からも好評です」と話す。

「奈良のお土産『三角縁神獣鏡』」
2013年の終りから14年に入って取り組んだのが「三角縁神獣鏡」のコースター、天理市柳本町の黒塚古墳から「三角縁神獣鏡」33面が出土したことで17号鏡の「三角縁複波紋帯盤龍鏡(さんかくぶちふくはもんたいばんりゅうきゅう)」をデザインした。メンバーが紋様をかたどった消しゴムハンコを3か月かけて制作、これを原画にしてコースターにした。
井上京子さんはこの経緯について「2014年の初めに天理市は市政60周年を迎えました。『三角縁神獣鏡』が33面発掘されました。盗掘がまぬがれたことで全国でも多い枚数の発掘となりました。天理市の関係者からこれをアイデアにして何か商品を開発してほしいと依頼がありました。コストも考えてまず消しゴムでハンコにして作ったのです。奈良のママともの会のメンバーの中に消しゴムハンコの作家がいます。その方が岩本芽子さん(34歳)、 デザインを消しゴムに彫っていくのです。消しゴムは女性のきめ細やかな作りになりました。
古墳グッズです」と話している。
コースターの色は3色。八重桜は幾重にも幸せが重なる。千歳緑は長寿を表す。古代紫は高貴の意味である。コースターは現在、雑貨店・フルコト(奈良市東包永町)などで販売している。価格は税抜480円(5枚入り)
-------。挿入をお願いします。
原画の消しゴムハンコを作った岩本芽子さんは「幸せや繁栄を願った三角縁神獣の文様からパワーをもらって頂きたいです」と、話している。
さらに今後、紋様を使ったしおりやレターセットなとじ新しい商品開発を進めていく。

v[hp.600-最構築1

ピクセル600再構築2

「三角縁神獣鏡の発掘」
古代酢鏡が多く出土した黒塚古墳、三角縁神獣鏡は卑弥呼の鏡ともいわれている。鏡の縁が三角形をしている。裏面に神獣の姿があることからこの名称になった。この鏡には「景初3年(239)を含む41文字が刻まれている。「魏志倭人伝」によれば、この年、邪馬台国の卑弥呼が魏に使いを送り、魏から銅鏡100枚を授かったとある。もしかするとそのうちの1枚ともいわれている。世の中には景初4年銘の銅鏡もある。しかし景初4年という年号は存在しないことから景初3年の鏡からでなく国産ではという説もあるが古代史の紋様をひも解いて消しゴムハンコにしたことがやはり女性の活動の前向きな姿勢である。

「吉野木材の活性化」
今後の取り組みとして吉野木材を使ったおもちゃの開発である。
奈良県は山々に囲まれ吉野山は木材が豊富にある。奈良県の素晴らしい財産と考えて木材の見直しをしていく。
「林業に後継者がいない。吉野郡川上村も小学校が廃校していく。木材の加工品に視点を移して木質活性化に木のアイスデアを会員で話し合って推進していく。
「才能のあるママがたくさんおられます。意識の高い子育てをしている同じような環境にいる女性たちと自分のこととしてしっかり頑張って取り組んでいきます」と話す井上京子さん。
今後は奈良のお父さんも巻き込んで活動していく。自分のパートナーや子どもも一緒に家庭を楽しくしていく。子ども連れがすべての活動、子どもがいて疲れることなく楽しくしていくのがこの活動である。

「会員」
現在、2014年4月1日で会員は40人、会員の中には栄養士、保育士、建築士、 ダンサーをしている人もいる。普通の家庭のママが何かをして普通じゃない何かをする。人材のママ友を活用していくのがこの会の特色である。
安心して夢を語れるところである。何かを目指しての生き方、30代から40代の家庭で子育てをする女性、ママたちが子どもを抱っこして参加できる会、よちよち歩きの子どもを連れての何かを作りだしていく発想の夢を持つ主婦たちの集まりの交流会である。
会員になると1年会費は1万円、会員の専門職を生かした商品開発をして企画をいくつもすることで何割かの収益を会員の経費に充てている。
「奈良のママが仕事をつくる会(ナラマーシカ)のホームページは
奈良のママが仕事をつくる会

「奈良のママが仕事をつくる会(ナラマーシカ)のfacebook


「奈良のママが仕事をつくる会の3つの理念」
<私たちは、自分も家族も大事にします><私たちは、夢を見つけ実現する仲間と出会える場をつくります><私たちは、仕事をつくり出し社会に貢献します>
井上京子さんは「出産後の女性が主婦の経験を生かして仕事を創出する会として取り組んできました。仕事か、家庭かの二拓ではなく、仕事も家庭も大切にする働き方を目指しています。約20年前に長女を出産したときに勤務していた会社に育児休暇の制度がなく会社を辞めました。もし子連れで仕事できるなら今すぐにでも働きたいといつも思っていました。再就職の熱意と子育ての葛藤、3人の娘を育てながらの葛藤の日々の中で閃いたものが育児などのつらい体験をすべて生かせる仕事を考えてインターネットで呼びかけました。集まった主婦たちの技術や経験を持ちより子連れで働くことができるものにという起業をしたのです。育児も家庭も大切にして収益を継続的にあげるためのビジネスモデルの基礎づくりをしています」と話す。


「これまでの商品開発や活動」
≪2012年≫
4/7「フラワーアレジメントとカラーセラピーで春イベント」 11/1「働きたいママのためのプチ起業セミナー」 12/6「クリスマス&お正月クラフト講座開催」 12/18「タブレット端末のアイデア出しプレスト」
≪2013年≫
4/1「京都サッスとコラボキッチン『Sai*eN(さいえん)』ちらし制作
4/1「はなの舞新大宮店にてナラマーシカ考案のアンチェイジングメニユー登場 4/13「児童発達支援・放課後等デイサービス『ぐりーん』にて玄関のディスプレイを担当 4/14「京都サッスとのコラボキッチン『Sai*eN(さいえん)』の披露発表会 5/16「朝日生命橿原営業所にて『乳がんの触診・視診、バストアップマッサージ講座』」 5/25「奈良三条通パウムクーヘンショップ・鹿野、商品名と観光客向け翻訳(英語・中国語)担当」 6/26「第1回ナラマーシカ総会」開催、会員数44人中27人が出席、委任状提出10人で議案は可決 8/20「三条通ショッピングモールの新聞『いこいこ三条』の夏・秋号の制作を担当」 11/1「三角縁神獣鏡コースター完成、発売開始」
7/11・8/8・9/12・10/10・11/14「連続講座『ママのためのプチ起業セミナー』を開催、facebook講座、税理士によるお金の話、名刺の作り方などの講座。

<写真説明>1・2、三角縁神獣鏡コースター、店頭で販売されている。




[ 2014/05/01 05:00 ] 鄭容順 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。