ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  夜間中学・白井 >  夜間中学その日その日 (339)   拳編集委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夜間中学その日その日 (339)   拳編集委員会

一森悦子:近畿夜間中学校生徒会連合会と共に(3)

ところが、今年2009年度、4月になったら補食給食がなくなったのです。補食がなくなれば仕事から帰りに駆けつける生徒さんは、お腹が空いたままの授業は大変です。今度は、補食を中心に各市教委に話し合いに行きましたが、大阪府は「設置市にまかせた」市町村は「夜間中学生は大阪府全体から通っているので大阪府が負担してほしい」と、お互いがそれぞれの責任だと言います。私たちはたらい回しです。もう一度大きな集会を開いて、昨年のように連合役員は頑張って、新しく運動を進めねばなりません。
私は、夜間中学に入学してから髙野雅夫さんと出会い、たった一人でビラをまき、大阪の夜間中学を再生されたことを知りました。髙野雅夫さんは「生徒同士、力を合わせて前に進めば」と、言葉には厳しさの中に夜間中学への思いが込められていました。
また、韓国の萬稀先生と出会い、2005年2008年と韓国、安養市民大学や識字学級を訪問、文解教育運動をされている方々と交流しました。*)生徒さんの学びの場をつくる運動、社会への奉仕、すべてを自らの力でやりとげられておられるバイタリティに圧倒されました。生徒さんの明るい笑顔に元気と勇気をもらい、今運動に励むことができるのも、髙野雅夫さんや萬稀先生のおかげと感謝しています。
現在日本にはまだ、義務教育を受けられなかった方たちが大勢おられます。私たち生徒は、学びの場は自分たちの手で守り、後に続く方のためにも学校をなくしてはなりません。夜間中学は生徒が主人公です。でも、生徒一人では何もできません。仲間が一つになってこそ運動の成果が上がります。私は近畿夜間中学校生徒会連合役員として、この運動に力を注いできました。
カレンダーの裏に花という字を五つ書いて覚え、「九九」は子どもの風呂場での練習を聞きながら覚えていた私が。9年たった今は自分史をこんなに長く書けるようになったことに感無量です。また生徒会活動においてすばらしい仲間に出会えたことも本当によかったと思っています。長男の「お母さんが夜間中学を卒業する頃には、夜間中学はなくなるかもしれない。しっかり運動しておかないと」という言葉が心に残っています。私は今まで『運動』という二文字をしっかり心につないできました。自分としては、一生懸命やってきたので、悔いはありません。(おわり)

*)夜間中学を卒業後の2011年3月、韓国済州道同旅平生学校を日韓識字文解交流で訪問もされている。
守口夜間中学の廊下には、東京で開催された全国夜間中学研究大会に参加し、髙野雅夫さんの母校荒川9中夜間中学を訪問、「千恵子鐘」の前で記念撮影した写真が掲示してある。一森悦子さんが級友、髙野雅夫とともに写っている。
[ 2014/02/13 00:26 ] 夜間中学・白井 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。