ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  夜間中学・白井 >  夜間中学その日その日 (336)   蟻通信編集委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夜間中学その日その日 (336)   蟻通信編集委員会

天王寺夜間中学 存続に向けた闘い(4)
近畿夜間中学校生徒会連合会の臨時の役員代表者会が2014年2月2日、天王寺夜間中学で開催された。天王寺夜間中学存続に向けた夜間中学生徒会の行動を決定するためである。


まず天王寺夜間中学から1月12日以降の詳しい経過報告と取り組み報告があった。
「天王寺夜間中学の校舎は国の耐震基準を満たしていた。当面2016年度以降も継続して使用できることが判明した。市教委が誤った情報で皆様方にご心配をおかけしましたことをお詫びし、訂正いたします」とする文書(2014年1月29日付)が配られた。大阪市教育委員会に出向いて説明を聞いてきた(1月31日)とする内容だ。
 「(大阪市教育委員会の説明には)私たちは納得できないと怒りをぶつけてきた。この間、頼りないと先生たちに散々文句を言ってきた。夜間中学生だけで座り込みでも何でもするといってきた」「新聞を見て驚きました。初めからつぶすつもりかと思いました。(大阪市教育委員会は)そこまでするのかと思った」「私たちにとって、学ぶということはどういうことかわかりますか。学ぶことは生きること。生きることは食べること。食べることは働くこと。働くことは学ぶこと。学ぶことは人間の原点です。それが悪いことなんですか。簡単につぶそうとするなんて、なんでそうなるのですか。(教育委員会の)皆さんは小学校、中学校、高校、大学と学び続けて、今こうして働いているのでしょう。私たちは学びたかったけど、戦争で学べなかったのですよ。もし学んでいたら、人生が変わっていたかもしれません。今ようやく学びにたどり着いたというのに、どんだけ私らをいじめたら気がすむのですか」。市教委の先生にこの様に言ってきた。
この報告を受け、何人かの手が挙がった。「天王寺の役員さんご苦労さん、ありがとう」「しかし、納得できません。(教育委員会は)今日この席に来て話をするのが誠意ある態度ではないのか。これが世間の常識だ」「1枚の紙切れを校長に渡して済ましたらあかん。直接私たちに言うべきではないのか。学んでいる私たちが主役だ」「今説明あったこと文書になっていますか?〝当面〟〝6年〟〝さしあたって〟あいまいな話ばかりです」「毎日新聞の記事を読むと教育委員会は謝る一方で脅しをかけている。記事の後半では天王寺は必要ないといっていると読み取るべきだ」「(担当者は)市内4校の夜間中学を2校にするという話もした。脅迫と同じ。(謝るだけでなく)なんでおつりまでくれるのか」「うちとこだけの問題でなく夜間中学全体の問題や」…40人を超える夜間中学生が意見を述べた。
時間をかけ、腰を据え、対応していこうとする教員の説明に対し夜間中学生は「6年後、ここにいる夜間中学生がどれだけいますか?今、私たちの考えを堂々と主張し、新聞に載せてもらい、全国に伝えていくことが大切です」「夜間中学を知らない仲間に夜間中学を伝える、募集活動が大切だ」と語り、意見交流を続けた。
「毎日の生活がかかっている夜間中学生が多い。文字と生活とどちらを取るかといえば生活をとる。そんな状態の仲間が多い」「せっかく入学しても楽しい勉強がいろんな理由で、嫌になって止めていく人もいる」「私たちは地域に根を下ろした夜間中学をと、取り組んでいる」「昼の生徒と交流授業を行っている」「ラジオに出演して夜間中学の話をして募集を訴えた」「私はポスターを見て入学した。だから、お風呂屋さんや団地の告知板にポスターを張ってもらっている」「キムチ屋さんの袋の中に夜間中学のビラを入れてもらっている」…各校で取り組んでいる募集活動の方法を交流した。
1968年~1969年の夜間中学開設運動に取り組む髙野雅夫さんの姿を追ったドキュメンタリー「浮浪児マサの復讐」を鑑賞し、1969年6月5日天王寺入学式で語った髙野雅夫さんの挨拶を読み、参加者は決意を新たにした。
天王寺から再度、要望書を考えて提起する。募集活動の新たな方法を提起するが各校募集活動に取り組むことを確認してこの日の役員代表者会を終えた。

[ 2014/02/06 08:52 ] 夜間中学・白井 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。