ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  夜間中学・白井 >  夜間中学その日その日 (334)   蟻通信編集委員会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夜間中学その日その日 (334)   蟻通信編集委員会

「待っている場合ではないですよ!!」
近畿夜間中学校生徒会連合会役員代表者会が天王寺中学校で行われた。2014年1月12日(日曜日)近畿の各夜間中学から多くの夜間中学生が駆けつけた。年末、「天王寺、生徒数減り閉鎖  大阪市教委が検討−−15年度末」(毎日新聞 2013年12月26日 夕刊)と報道されたこともあり、生徒会としてどう取り組むかがこの日の議題だからである。


冒頭、連合生徒会会長は「2年後、歴史ある天王寺夜間中学がなくなってしまうかもわからない。皆さんの力が大切だ」と語り、とりくみの報告をおこなった。
天王寺夜間中学生徒会は1月8日「夜間の校舎を建て替えすること。これができないなら、耐震工事を行うこと。これもできないのなら、昼の校舎を(夜間も)使用できること」を柱とし、2016年以降も天王寺夜間中学で学び続けられるようにとする要望をおこなった。市教委担当者は「施設の部署にも働き掛けていく、どういう形で存続できるか考えていきたい」と答えるにとどまり、具体的な回答がなかった。
この報告を受け論議をおこなった。「私たちの学校でも緊急生徒集会を持った。天王寺だけの問題ではない。大勢の力で取り組んでいきたい」「来年の予算案はもうできているはずだ。教育委員会の返事を待っていたら遅い」「私とこの市に聞いたら、予算は12月だといわれた。遅い」「天王寺が先頭になって、大勢で力を合わせていきたい」「心配で、心配で、勉強も手につかない」「ついつい、先生に不満をぶつけてしまっている」「1月に結果が出るのに、2月に動くのでは遅い」「待っている場合ではないですよ、(教育委員会の返事を)じっと待っていても、夜も寝られんのとちがいますか?口で訴え、足で動かなあかんのと違いますか」‥たくさんの意見が続いた。
「災害が起こったときの場所として、避難場所として大切な場所となる。どうしたらよいか地域住民の人たちにも働き掛けていくことが大切だ」「夜間中学生の人数が減っているとも書いてある。生徒の数を増やしていく努力も私たちはしないといけない」と重要な提起もあった。
「天王寺にリードしてもらって、私たちはそれに従う」「署名用紙が今日に出来上がっていないとあかんのとちがいますか?」「私たちは今どうするか今日決めましょう」と意見が続いた。これを受け参加している教員も別室で協議をおこなった。
夜間中学生一人一人の想いや声をまとめ、次の行動に備える各夜間中学の取り組みを進めることを確認してこの日の会議を終えた。
12月の役員代表者会の翌日、生徒集会で報告、夜間中学生は話し合った。その次の日一人の夜間中学生から次の決意文が届けられた。

私たちは立ち上がる!
2012年12月9日、大阪市教育委員会が天王寺夜間中学に届けてきた文書は許せない。2008年橋下知事(当時)が行った夜間中学攻撃の続きだ。耐震工事を口実に夜間中学を潰そうとする陰謀があるかもしれません。私たちが闘いに立ちあがらないなら、天王寺夜間中学をはじめ他の夜間中学が立て続けに潰されてしまうことになる。中国のことわざに「唇亡歯寒」がある。「互いに助け合う関係にある一方が滅びると、他の一方の存在まで危うくなる」の意味です。
私たちは夜間中学の閉校には断固反対する。
私たちは夜間中学の広報活動に力を入れる。
私たちは団結して反対活動を行う。街頭に出て訴える。

[ 2014/01/29 09:40 ] 夜間中学・白井 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。