ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  寄稿 >  いt反強制排除アピール行動のご案内:北口学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いt反強制排除アピール行動のご案内:北口学

反強制排除アピール行動のご案内

拝啓

皆様におかれましては、ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、8月14日朝(現地時間),エジプト警察及び国軍が,カイロ市ナセルシティのラバ・エル・アダウィーヤ・モスク前及びギザ市のナハダ広場で座り込みを行っているムルスィー氏支持派の強制排除を開始した結果,ムルスィー氏支持派との間で大規模な衝突が発生し,多数の死傷者が出ていることに反して先週、東京のエジプト大使館で要請行動が行われました。大阪においても、在日エジプト人は非暴力と平和的解決を求めるアピール行動をすることにしました。ご興味のある報道陣の方は是非ともご参加頂ければとお待ちしております。
敬具


 日時: 2013年8月25日(日曜日)17:00~19:00

場所: 大阪JR駅南側(南口横断歩道渡った交差点)
    梅田・阪急百貨店南西角 2カ所

 
 メール: egyptiansinjapan@gmail.com

Statement in Japanese

 在日エジプト学生同盟と在日エジプト人会は、エジプトで平和的にデモをしている人々への虐殺を強く非難します!
在日エジプト学生同盟と在日エジプト人会は、エジプト国軍の権力者が、エジプト全土の公共広場において平和的に座り込みデモをしていた人々に対して、流血の虐殺を犯したというニュースを悲痛な思いで受け取りました。
結果として、民主主義とエジプトの軍が多面的にエジプトに影響することへの終わりと求め、平和的にデモをしていたエジプト国民の多くが犠牲になりました。又犠牲者の中には女性も子供も含まれています。この恐ろしい虐殺は8月14日水曜の早い時間に起こりました。死者と負傷者は数千人以上に上ります。
The July 3 coup commanders consistently reveal more of their bloody brutality every day. Not content with the massacres and crimes against humanity they committed during the month of Ramadan and the killing of women, children and worshippers going down in prayer, today they executed even more massacres and crimes of war.
私たち在日エジプト学生同盟と在日エジプト人会は、このような虐殺は民主主義化の流れと国家の状態と法律をも覆すために軍が準備したクーデターへの道のりへと向かう非常に重要な局面の象徴だと危惧しています。これは、エジプトの民主主義がくつがえりそうな香りにたいして、国際社会(特に日本やアメリカ、ヨーロッパ諸国のような民主主義国)のつづく黙と軽視が、明らかにこのような状態を支えている一部であると思われます。
私たち在日エジプト学生同盟と在日エジプト人会は、このような血なまぐさい暴行は、エジプト全土の公共の広場で何万人と平和的にデモをしているエジプト国民、(男女関係なく)を標的にした殺人の余地を広げる始まりの一幕ではないかとたいへん憂慮しています。そして恐怖の規模はどんどん広がっています。彼ら、彼女らを黙らせようとして行われた恐ろしい事件の規模は広がっています。特に軍の権力者によるおどしが成し遂げられ、この事件のメディア報道の弾圧がされています。
在日エジプト学生同盟と在日エジプト人会は、エジプト国民の意思に反するクーデターに関して、民主主義、人道主義的観点から、はっきりと明確な立場を採択することを日本政府に呼びかけます。加えて、この歴史的にも決定的な瞬間になるであろうこの時に、何もせずただ静観するだけということがないよう呼びかけます。
最後に在日エジプト学生同盟と在日エジプト人会は、エジプト全土で軍によるクーデターを拒否する国民と、又民主主義とその憲法と合法な大統領であるモハメッド・モルシー氏の復旧を求めている何万もの平和的デモ参加者と共にあることを表明します。そして計画的な暴力にも屈さず、座り込みで抗議を続ける選出された評議会と団体と共にあることを表明します。










[ 2013/08/24 18:53 ] 寄稿 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。