ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  集会案内 >  第354回国際人権規約連続学習会:川瀬俊治

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第354回国際人権規約連続学習会:川瀬俊治

 本ネットでも執筆いただいた小山帥人さん(じゃーなりすと)が先ごろ出版した本の内容でもある市民メディアについて論じる講演会です。



**********

第354回国際人権規約連続学習会

日 時:2013年10月21日(月)午後1時30分~3時30分

会場:HRCビル5階ホール
〒552-0001 大阪市港区波除4-1-37
http://blhrri.org/blhrri/about/contact.htm

テーマ:市民がメディアになるとき

報 告:小山帥人さん(ジャーナリスト)

参加・資料代:1,000円

主 催:世界人権宣言大阪連絡会議、
国際人権規約大阪府民会議、(社)部落解放・人権研究所

※ ご参加頂ける方はE-mailまたはFAXにてお名前とご所属または連絡先を
10月15日(火)迄に連絡会事務所までお知らせください。
(連絡先は末尾に掲載しています)


≪呼びかけ文≫

メディアの状況が大きく変わってきています。
少し前まで、メディアは一握りの発信者が多数の受診者に対して送る
一方通行のコミュニケーションでした。

しかし、デジタル技術やインターネットが発達した昨今、
資本や組織を持たない市民でも多数の人々に向けて
メッセージを送ることが可能になりました。

現在、マイノリティからの視点や、地域に根差した情報等、
マスメディアがなかなか発信できない情報を伝えられるメディア
――オルタナティブ・メディア、または市民メディアが
世界各地で誕生しています。

市民メディアを支えるのは、当事者たちの表現、発信への熱意です。
多彩で、自由なコミュニケーションを目指した市民メディアの発展は、
市民の情報発信と情報へのアクセスを保障し、
民主主義社会の発展に大きく貢献しています。

日本各地に加え、世界各国を訪れて市民メディアを取材した
ジャーナリストの小山さんをお迎えして、
市民メディアの実態と可能性について伺います。

多くの方のご参加をお待ちしています。


*****

世界人権宣言大阪連絡会議事務局

〒552-0001
大阪市港区波除4-1-37 HRCビル8F
部落解放・人権研究所内
TEL&FAX06-6581-8705
Email udhr@blhrri.org
[ 2013/08/19 14:15 ] 集会案内 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。