ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  川瀬俊治 >  コラム「風」麻生財務相はなぜ失言を繰り返すか:川瀬俊治

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コラム「風」麻生財務相はなぜ失言を繰り返すか:川瀬俊治

麻生財務大臣が憲法改定に関する発言でナチスを持ち出し、大臣としての資質を疑われている。総理大臣のときも妄言、失言を繰り返したが、なぜかくも繰り返すのか。

理由は簡単である。政治家として幼すぎるのである。

例をあげれば、少し不謹慎かもしれないが、少年非行の例だ。意外と本人は犯した罪が大きいとは感じていないものだ。罪を犯した意識がない。だから踏み越えてしまう。

麻生財務大臣も同様である。発言がそんなにたいそれたものだとは考えていない。だから平気で失言をしてしまう。失言をしてやっと気付く。その発言に対する批判の意味が。

結論は政治家として幼いとしかいいようがない。はたしてこれまで経験を積んできて学ばれたのか。

今回は国内に関する失言ではない。簡単には幕引きとはいかないだろう。安倍政権は少しあせり出していう。人権と歴史意識。日本の政治家はこの2つについて、いかにいい加減かをまたもや世界に示してしまった。

[ 2013/08/04 21:55 ] 川瀬俊治 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。