ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  鄭容順 >  奈良おんな物語《30》「パステル画家・5*SEASON(ファイブ・シーズン)・大八木恵子」上:鄭容順

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奈良おんな物語《30》「パステル画家・5*SEASON(ファイブ・シーズン)・大八木恵子」上:鄭容順

「プロフィール」
大八木恵子さん、1962年、京都市西京区生まれ。6歳の時、千年の古都を離れ亀岡市に住まいを移した。京都市郊外の亀岡市はベットタウンとして都市開発され交通至便になり、人口が増加、今や京都市内から亀岡市に移り住む人も多くなっている。京都府立亀岡高校商業科を卒業し、京都市内の専門学校に入学。グラフイックデザイン科で2年学んだ。専門学校を卒業後に就職した時代のことは、後の項「京都時代」で詳しく伝えます。


大八木さん。地図を見ているところ

1995年、32歳の時、東京へ上京し、ここで15年間暮した。やがて、関西、京都の故郷に帰ることを東京や周りの友人・知人たちに宣言をしたのが2008年、それから移転準備をして2010年、奈良市内に引越し、現在に至っている。
生業はパステル画家。5*SEASON(ファイブ・シーズン)が作家名。大八木恵子さんのパステル画は、何度も何度もパステルを塗り重ねて「油絵」のような画風に仕上げている。奈良町界隈に住まいを構えたので奈良町の雰囲気に相応しくアトリエの名前を漢字で「五想庵」にした。「五」はファイブ、東京では「5*SEASON」が似合っていたが、奈良町では似合わないとして、アトリエ名を漢字の「五想庵」にした。

大八木恵子さんが話す表情

「5」「五」について。四季麗しい人生、変わらない季節、夢、希望を1人で作っていく。仏教の世界では五大思想という。天と空、風と大地と水と知恵。この思想をアトリエの名前にした。
タロット占いもする。
奈良に住まいを移して、奈良の良さや魅力に触れて、タロット占いのタロットカードの絵は奈良の原風景を素材して作成している。カードからも奈良の昔から残る歴史に少しでも触れて知って頂く機会になればと思っている。
奈良に来てからは時折、近所の子どもと一緒に工作作りをすることもある、という大八木恵子さん。
奈良に住んでたくさんの地域の人たちと知り合って、2012年、奈良市京終地域を紹介する地図を地元有志で作成した。手描きの地図を制作したのは大八木恵子さん。「きょうばて界隈MAP」がそれです。手描きの地図は見ているだけで楽しくなる。後のコーナー「奈良時代」で紹介します。

大八木恵子さんの作品、パステル画

「京都時代」
専門学校を卒業して1980年、京都市内にあった中小企業に就職をした。創立50年を誇る会社で就業者50人がいた。就職100%を掲げる専門学校を卒業して就職した会社だった。ここでビジネスセンスを学んだが、この仕事が苦手だった。「私には無理でした。畑違いだったのです」と話す大八木恵子さん。
そうして会社を退職した後、フリーランスのイラストレーターとして活動し、やがて東京に向かう。

<写真説明>1、アトリエで話す大八木恵子さん。行政が作成する地図を見て掲載されていない地域についてはなしている。2、作品の話をする大八木恵子さんのパワーとエネルギーが伝わってくる。3、大八木恵子さん作品のパステル画です。

[ 2013/07/30 07:00 ] 鄭容順 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。