ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  寄稿 >  夜間中学その日その日 (305)   守口夜間中学 白井善吾

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夜間中学その日その日 (305)   守口夜間中学 白井善吾

2013年第1学期
「誰が地球を速く動かしとるんや」教室に入るなり、こう話し始めると、私の話を受け継いで夜間中学生が「調子がでてきたと思ったらもう夏休みや」「ほんまに、時間がどんどん流れていく」「季節は冬と夏しかない。こないだまでストーブをたいとったのに・・」


「こないだの暑い日、京都の仕事現場でぶったおれて、学校休んでしまいました」。すると横から「あんた、朝ごはんちゃんと食べて仕事にいったんか?」「暑いときやから、体、注意せんと」「水もこまめに飲まんと」とまるで母親のような声がかかる。
今日は1学期最後の理科の時間だ。季節の移り変わりを24節季、農作業、穀物、食料問題、種の発芽と学習を進めてきたが、やはり原発事故と放射能汚染に話が収斂していく。
「放射能、あろて(洗って)きれいにしたらええやん」「誰が洗うんや、あんたがするんか」「洗って放射能で汚れた水はどこへ流れていくんや?」「普通のごみと違うんや。流したら、川から海に、放射能が広がっていく。燃やしたら空気中に広がっていく」「・・」夜間中学生同士で会話が進んでいく。
「近畿の水がめ」が放射性物質で汚染される。降った雨は日本海側に流れるか、琵琶湖に流れ込むか、分水嶺で流れ込む場所が変わる。敦賀原発から分水嶺まで直線距離で20㎞以内であることを地図帳で確かめた。琵琶湖が汚染され、次に淀川が汚染される。今飲んでいる水も汚染された水ということになる。
そんな原発事故を起こした原因もはっきりしてないのに、安倍さんが原発を売り歩く、恥ずかしいて世界に顔向けできません。報道されたとき一番に抗議の声をあげたクラスだ。学習の続きは参議院選挙の原子力発電所政策でどんな考えをもっているか調べることにした。
横軸で左は「再稼働反対」、右は「再稼働に積極的」。縦軸で上は「原発維持」、下は「脱原発」を表す直交座標系の中に各政党の公約を並べた新聞記事(2013.7.17朝日)のイラストを用いた。第1象限(再稼働に積極的・原発維持)には自民党のみ。第4象限(再稼働に積極的・脱原発)には上から維新・公明・民主の3党。第3象限(再稼働反対・脱原発)には共産・社民・みどり・生活そしてみんな・大地の各政党。第2象限にはどの党もない。
党首の顔のイラストが平面に描いてあり、その意味をみんなで考えた。党首の名前が全部言えたのには驚いた。私など全部正解になるかあやしい。
「原発再稼働反対の人は多いのに、選挙の結果は必ずしも一致しない」「景気のほうをとってしまうからでしょう」「選挙が終われば景気もどうなるかわからん」「景気回復と新聞も書いて、自民党を応援しているみたいだ」「選挙に合わせて日本銀行も発表しているんと違うか?」「選挙権のある人、しっかり考えて棄権したらあきません。私ら税金はしっかり取られても、選挙権ありません」「孫たちのためにもよく考えて投票してください」「お金も大事やけど、放射能をばらまいてお金儲けしたらあきません」「いのちが一番大事です。子や孫に恥ずかしくない地球にしておかないと」
教室内の人間はみんな先生になって授業は終わった。夏休み期間、就学援助補食給食復活の要求署名、夜間中学生募集のビラをもって夜間中学生は学校を後にした。夏休み中も夜間中学生は居住市の教育委員会を訪ね、夜間中学への理解を求め行動する予定だ。
[ 2013/07/26 09:54 ] 寄稿 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。