ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  集会案内 >  「女性のためのアジア平和国民基金」をめぐる論争を中心に- K.I.記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「女性のためのアジア平和国民基金」をめぐる論争を中心に- K.I.記

サロンde人権のおしらせ 第100回 サロンde人権
テーマ: 軍「慰安婦」の声とポストコロニアル状況 -「女性のためのアジア平和国民基金」をめぐる論争を中心に-  話題提供: 鄭 柚鎮(同志社大学客員研究員)

サロンde人権のおしらせ
第100回 サロンde人権

テーマ: 軍「慰安婦」の声とポストコロニアル状況 -
「女性のためのアジア平和国民基金」をめぐる論争を中心に-
話題提供: 鄭 柚鎮(同志社大学客員研究員)
日時: 2013年07月17日(水) 午後6時から8時半
場所: 大阪市立大学文化交流センター大セミナー室(大阪駅前第2ビル6階)

概要: 本報告の目的は、1993年8月「慰安所」に対する「軍の関与」を
認め被害者に「お詫びと反省の気持ち」を表明した河野官房長官談話を
継承するかたちで、1995年7月村山連立内閣のもとで発足した「女性のための
アジア平和国民基金」(以下、国民基金)をめぐる論争での被害者に対する再
(representation)の意味を分析することである。
http://www.rchr.osaka-cu.ac.jp/
-------------------------------
 橋下大阪市長の足下でこういう真摯なサロンが開かれる! 乞う!ご参加を。
[ 2013/07/06 03:23 ] 集会案内 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。