ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  犬塚芳美 >  映写室「異国に生きる」上映案内犬塚芳美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映写室「異国に生きる」上映案内犬塚芳美

   ―日本の中のビルマ人― 

 放射能汚染により故郷を追われた、飯舘村の今を描いた土井敏邦監督が、もう1作、故郷を追われた人々の映画を完成させました。関西では同時上映になります。

ikoku_sub3_convert_20130611233800.jpg
©DOI Toshikuni

<この作品の主役は>、東京で暮らすビルマ(ミャンマー)人青年チョウです。チョウは1991年、新婚早々の妻ヌエを残し、日本にやってきました。軍事政権の弾圧を逃れてです。働きながら、仲間と共に祖国の民主化運動を続けてきました。離れて暮らす寂しさを訴える妻、お互いの身を案じる父や母、無性に故郷が恋しくなります。民主化運動をやめ、自分のことだけを考え、お金を貯めて帰ればいいのに、彼にはどうしてもそれが出来ない。圧制に苦しむ人々を思うと、運動をやめるわけにはいかないのです。

<国内の運動家は>、ことごとく投獄され、アウンサンスーチー氏の幽閉も長きに及んでいます。圧政に抗議するデモの取材中に、銃弾に倒れた日本人ジャーナリストの映像が世界に流れた事もありました。世界中から抗議が殺到しましたが、それでも軍事政権は倒れなかった。私たちも、ともすれば、かの国の圧政を忘れてしまう。ビルマへの援助は、国民に行き渡らず、軍事政権を太らせるだけと抗議し続けるチョウたち。
妻との再会は、彼女も故郷を捨て、一人タイで夫を待った挙句のことです。そして、妻も東京にやってきました。二人は必死に働き、祖国の民主化運動を続けます。

<チョウが日本に来て20年が過ぎました> その間に父も亡くしました。今この二人は、ビルマ料理の店を切り盛りし、日本で暮らすビルマ人の支援に奔走します。不法滞在等、苦しい状況が多くの問題を生むのです。

<気がつくと祖国に>、新しい時代が始まりました。軍事政権が倒れ、多くの政治犯やアウンサンスーチー氏が釈放されました。チョウたちの夢が実現したのです。
チョウは、喜びながらも空ろな気分がぬぐえない。あらためて、無我夢中だった20年の重みを感じているのかもしれません。日本で安定を得ました。けれど、ここは故郷ではない。望郷の思いを持ちながらも留まる二人。チョウの髪には白いものが混じり、妻ももう若くはありません。

<ビルマの民主化が本物だと確信できたら>、二人は帰るのだろうか? その時20年離れていた祖国は? 見ているこちらにも不安が尽きません。土井監督が追い続けた、チョウの14年間。ビルマの民主化は、チョウのような多くの同国人の志で進んだことです。

この作品は、6月15日(土)より、第七芸術劇場で上映。
      「飯舘村」と同時に、土井敏邦監督の故郷喪失を問う2部作となりました。
        時間等は劇場まで(06-6302-2073)
         又、7月12日からは神戸映画資料館 にて公開
[ 2013/06/15 08:17 ] 犬塚芳美 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。