ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  犬塚芳美 >  映写室「100年の谺-大逆事件は生きている―」上映案内:犬塚芳美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映写室「100年の谺-大逆事件は生きている―」上映案内:犬塚芳美

 ―日本の近代史を汚す、思想弾圧事件―

 <冒頭から心臓を掴まれた> 灯りに透かせば浮かび上がる「―私他三名近日処刑ノ―宣告ヲ受クベシ幸徳ノ為ニ弁護士ノ御世話ヲ切ニ願フ」という文字。大逆事件で処刑された内の一人、菅野須賀子が、獄中からひそかに託した針文字の手紙だ。平成のお気楽な今から、一気に時代が巻き戻された。こ只事ではない空気感が伝わってくる。
100年


<大逆事件とは>、1911年(明治44年)に、皇室に対する大逆罪に問われ、絞首刑12名、無期懲役12名を出した事件だ。当時から冤罪が囁かれたが、その後の研究で、大逆罪に名を借りた社会主義者、無政府主義者への弾圧であり、国家によるフレームアップ事件だったと明らかになる。

<この作品が位置づける>「大逆事件」とはこうだ。日露戦争への世論が高まる中、勤めていた新聞社が主戦論に転じたことで、幸徳秋水、堺利彦、内村鑑三は、非戦論を掲げて退社する。そして「平民新聞」を発行した。日露戦争後、労働運動が活発化し、日本各地に幸徳たちに共鳴した新聞が生まれた。こうした動きに危機感を持った時の政府は、激しく弾圧。活動家には尾行がつき、平民新聞を始め、各地の新聞は次々と廃刊に追い込まれた。

<ちょうどその頃、信州の職工・宮下太吉は>、神と崇められている天皇も、爆弾などで傷つけば、赤い血が流れて同じ人間なのが証明できると考え、爆弾の実験をした。菅野須賀子とは、具体性のない暗殺計画も話している。こうした中で、各地の社会主義者が大勢検挙され、無理やり大逆事件に関係つけられて、断罪されていく。その悲劇は被告にとどまらず、親類縁者にまで及んだ。
そのまま戦争に突き進んだ日本、そして敗戦。新憲法が出来、幸徳たちの夢が実現したが、処刑された人々の名誉回復は、遅々として進まない。

<幸徳秋水の名前は知っていた> 確か、住井すえの小説「橋のない川」の中に出てきたと思う。部落差別に苦しむ少年には、身分制度の頂点に立つ天皇も、赤い血が流れている同じ人間だという思想は、どんなに新鮮に映ったことだろう。

<この作品は、犠牲者の中の紅一点>、菅野須賀子を中心に纏めている。故藤田治子さんが、文化事業のために遺された志を受け継いで製作さられたものだ。事件から100年、国家と人権の問題は新たな局面を向かえ、同じ過ちを繰り返さない為にも、この事件の意味が問われる時代になった。筆者としては、この時代に大局に流されず、人生をかけてみんなの暮らしの向上を考えた女性がいたこと、処刑に際し、我が身よりも、巻き添えになった多くの同士を案じた菅野須賀子に、畏敬の念を覚える。多分それは、藤田治子さんが感じたことでもあるのだろう。

この作品は、十三のシアターセブン(06-4862-7733)で上映中
      31日(金)までは、13:30~
      6月1日(土)より~6月7日(金)は、11:00~
[ 2013/05/30 20:13 ] 犬塚芳美 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。