ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  K.Ishikawa >  写真家 管洋志さんの思い出 :ケイ・イシカワ記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

写真家 管洋志さんの思い出 :ケイ・イシカワ記

Facebookで訃報を得た: 管洋志さん(すが・ひろし=写真家、日本写真家協会常務理事)が10日、大腸がんで死去、67歳(朝日新聞デジタル)

昨年10月 Facebookでオンライン再会し、元気ですよという返信をいただいた。

ネットのニュースで去る4月10日大腸がんで亡くなったと今頃知ったのだった。

 管さんは人の笑顔を撮るのがとてもうまかった。

 仕事で何度かお世話になり、世界中を周られて、いい作品を数多く残された。

 アジアの人々とりわけ、ミャンマーの人々をよくとっておられた。作品も多い。
  管さんのミャンマーの写真展のお手伝いもさせて頂いた。
 大阪にミャンマー友好をすすめる民間会社があったからだった。

  東京のご自宅で、小ワインパーティに招んでいただいこともあった。
  立派なワインクーラーを備なえておられ、おいしいワインを楽しませていただいた。 

  北海道の東川町の写真フェスティバルで作家賞を受賞されてたときも東川でお会いした。

 その時筑紫哲也さんも来ておられ、
筑紫哲也さんらにミャンマーのノーベル平和賞受章者が
“ある”裏切りをしているのだと説明しておられた。
(“残酷な植民地支配をした宗主国の英国人と結婚という裏切り”。)

 大阪でお会いした時は某テレビ局に行き、
そのTV局のH.N.氏らとしたしく懇談したことがあった。 

 その時、日本の全国民の個人情報が
北京のハードディスクに取り込まれていると教えて頂いた。
信じられないようなことだった。
誰がいくら税金を払っているか、わかったということだった。
我が国の政府系のデータが取り込まれているということだった。
(もしかして首相官邸・あるいは関連官庁近辺に
”China系”かそれに通じる人が居た可能性。)

 菅氏は立派な写真集を数多く残されているが、
 67才という若さで逝かれたことは誠に惜しい。

 ご冥福を祈って、合掌!

以下 朝日新聞ご提供記事引用提示→
朝日新聞デジタル:写真家の管洋志さん死去 - おくやみ
www.asahi.com › おくやみ‎
2013/04/12 – 管洋志さん(すが・ひろし=写真家、日本写真家協会常務理事)が10日、大腸がんで死去、67歳。葬儀は近親者で執り行う。喪主は妻眞理子さん。後日、お別れ会を開く予定。 アジアの人々の暮らしを撮り続けた。
[ 2013/05/15 05:31 ] K.Ishikawa | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。