ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  犬塚芳美 >  映写室「長嶺ヤス子 裸足のフラメンコ」大宮浩一監督インタビュー:犬塚芳美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映写室「長嶺ヤス子 裸足のフラメンコ」大宮浩一監督インタビュー:犬塚芳美

 ―命の踊り―

 伝説のフラメンコダンサー・長嶺ヤス子。日本から世界に躍り出たアーティストの先駆けだ。この頃噂を聞かないけれど、それは世界を舞台にしているからで、日本にご無沙汰なんだと思っていた。この方にはそういうスケールの大きさを感じる。介護保険制度に一石を投じる、数々の名作を作ってきた大宮浩一監督が、今回は一転して、孤高の舞姫の素顔に迫ります。制作秘話を伺いました。

flamenco_sub1_convert_20130430032144.jpg
©大宮映像製作所

<その前に、「長嶺ヤス子 裸足のフラメンコ」とはこんな作品> 震災直後の、節電で薄暗い病院に、白いガウンを着た長嶺ヤス子がいる。直腸癌で闘病中だった。しかし表情は明るい。毎年開く個展が近いと、ベッドの周りに絵を広げている。術後3週間でダンスも再開した。「エルフラメンコ」の舞台が近いのだ。当日、カスタネットと三味線を融合させた、魂の踊りに観客が熱狂する。一転して、犬や猫の世話をする穏やかな長嶺。彼女は福島の猪苗代に家を借り、沢山の動物の世話をしている。

<大宮浩一監督インタビュー>
―凄い方ですね。全てに圧倒されました。長嶺さんを撮ろうと思われたきっかけは?
大宮浩一監督(以下敬称略):この頃の若い人にはなじみが薄いようですが、ダンサーとしてだけでなく、犬や猫の問題で騒がれたこともあったので、お名前は存じ上げていました。不思議な人だなあという思いがどこかにあったのでしょうね。震災の直後に、長嶺さんが入院したと聞き、お見舞いに行って、その途中で「ドキュメンタリーを撮らせてください」とお願いしたんです。僕らがお見舞いに行くというのは、単なるお見舞いではなく、もう撮影を頼もうというところまで思っているわけですが、いいですよとあっさり言われて、撮影を始めました。というか、その時に話が弾んで色々広がりそうだったので、そういうのは映画の中で使いたいと、話を中断しました。同じ話を何度も聞くと観客に分かりますからね。撮影する側にも初めて聞く驚きが必要なんです。冒頭のシーンは、まだお会いしてから2回目くらいじゃあないかなあ。
―え、ずいぶん慣れているように感じましたが? 
大宮:長嶺さんの人柄ですよ。最初からあんな感じでした。

―なるほど。ところで、長嶺さんの口から核心を突く刺激的な言葉が続きます。
大宮:ドキッとしますよね。あれはすべて、ご自分から淡々と言われた台詞です。「どうして撮るかなんて、撮ってみたらわかるわよ。それは私だけじゃあなくて、私を見て映すものであって、私自身じゃあないかもよ。あなたの感じる私を、結局表現するんだと思うの。私そのものじゃあなくて、きっと」
―ここまで言われたら、自分の長嶺さんを撮るぞと、腹を括るしかありませんね。
大宮:そうなんです。実際そうですしね。いくら素顔に迫ったところで、僕に見える素顔は、僕の心と響きあった部分の長嶺さんですから。それが表現するということだと思う。若輩者の僕を、おなじ表現者として、対等に見てくれている。それに感動しました。

―震災の直後で、気の毒、可哀想とあちこちでボランティアが立ち上がる中、「可哀想な人は今までもいた。震災後に急にそんなことを言うなんて罪よね」とさらりと言ってのけるのにも、ドキッとします。
大宮:当時は、ドキッとだけでなく、(なんじゃこの人は!)と、思いました。皆の気持ちに水をさすのかと。それに僕も被災地のドキュメンタリーを撮ったりしていますからね。自分に言われたようにも思いました。編集の段階でもこの言葉を残すかどうか迷いましたが、時間が経ってみると、なるほどと思わされたんです。あれほどいたボランティアは、潮が引くようにいなくなったし、まだ困難の続く被災地を僕らは忘れがちです。(皆で何とかしなくちゃあ! 手助けをしたい!)という、震災直後の熱い熱は消えてしまいました。でも、長嶺さんは、当時も今も変わらず、動物たちを助け、一緒に暮らしている。(そういうことだったのか、変わらないのはこの人だけだなあ)と、あの時の言葉が重みを増してきました。誤解を招きかねない言葉なので、もっと前の編集なら、使わなかったかもしれないけれど、今ならしっくり来るんです。他の人ではない、長嶺さんだからこそ説得力を持つ言葉です。

―自分が平時からやってるからこそ、言えると。ところで、実際の長嶺さんはどんな方でしたか?
大宮:漠然と強い人だと思っていましたが、穏やかな人でした。そしてどんな時もしっかり前を向き、顔を上げている人です。震災直後で、皆が俯いている時期でしたが、彼女だけは変わってなかった。この人を見ていたら、僕らももう一度元気を取り戻せるのではと思いました。それも長嶺さんのドキュメンタリーを撮った理由の一つです。
―いつも平常心ということでしょうか。それに言葉が哲学的で、核心を突き、一つ一つ心に響きます。自分にも厳しく、「絵はこう描いたら売れるだろうなと思って描くから、ペンキ屋さんと一緒」とか、「もう踊りでやりたいことは無いの。やり尽くしたと思っている」とか。ドキッとします。
大宮:そんなことを言えば、僕ら映画やだって、観客の受けを計算しないわけではない。観客におもねた物も作れるわけです。自分はどうなんだと考えました。長嶺さんの言葉は、色々な人の心に突き刺さりますよ。

―字幕で流れる言葉も深くて感動しました。
大宮:あれは全部、長嶺さんの著書から取ったものです。色々な本から取るとややこしくなるので、出典は「炎のように火のように」の1冊からにしました。
―男性関係も含めて、お若い頃は激しい生き方でした。そういう生き方で身に着けた、人生哲学をお持ちなのですね。それに、長嶺さんの踊りは魂や命そのもの。まるで何かが乗り移ったかのようですし、自分の命を注ぐように踊られて圧倒されました。
大宮:あの踊りには圧倒されますよね。それを映すのもこの作品の目的でした。
―「フラメンコって綺麗なものじゃあないのよ。きれいな衣装の下の醜いものなの。私の描く絵はフラメンコのそこを描くから、誰にも描けないものになっていると思うわ」という言葉もその通りで、フラメンコを踊る女性は衣装を着けずに、裸体です。確かに、着衣の隣のものより、心惹かれます。
大宮:公演の度に赤字になっても、舞台には最善を求める。フラメンコにかける思いには計り知れないものがありますよ。

framenco4.jpg
©大宮映像製作所

―「裸足のフラメンコ」という、題名の意味は?
大宮:まだ若い頃、スペインで、日本人の癖に物まねをするなといわれて、長嶺さんは靴を脱ぎ裸足で踊ります。これをきっかけに長嶺さん独自のフラメンコが確立され、向こうでも認められました。当時はフラメンコといえば、スペインでもジプシーのものだったのです。裸足は長嶺さんのトレードマークにもなり、ドレスを着たときは靴を履きますが、着物を着た和物の時は裸足で踊ります。そういうことだけでなく、生の長嶺さんという意味も込めました。
―チラッと映った長嶺さんの足は、ひどい外反母趾。長年ヒールを履いて踊り続けてきた人だなあと思いました。
大宮:一瞬のそういうシーンをちゃんと見てくださって嬉しいです。

―え、でも狙ったシーンでしょう?
大宮:そうです。長嶺さんの足を映したいんだけど、あからさまにそうも言えない。そういう映像は解りますしね。で、チャンスが無いかなあと、待っていたら、靴下を履きかえるというんです。きたっと思いました。
―そんな素顔の長峯さんがいっぱい映っていますね。東京で、ハチという犬の看病のために、一人暮らしの方の家に泊まりこむ長嶺さん。点滴を打つ姿も自然です。猪苗代の家で、犬や猫をそれぞれの名前で呼び、抱きかかえる長嶺さんも、とても自然でした。口先だけではない動物たちとの共存の暮らしを見た思いです。
大宮:下手な獣医さんより上手いかもと思わせるほど手馴れたものでしたね。楽品もいっぱいそろっていてまるで病院ですよ。動物の面倒を見ているうちに、いつの間にかそうなったのでしょうね。犬や猫を保護しているけれど、長嶺さんも動物たちから、多くの物を貰っているのだと思います。いとおしそうに動物たちを見つめていますからね。か弱いものの命、それが結集して舞台では魂が乗り移ったような踊りになります。そして舞台から降りた一転して穏やかな顔の長嶺さん。どちらも長嶺さんなんです。自分のことにはお金を使わない人で、服も全てもらい物。いっつも同じ服を着ていますよ。
―でも、そういいながら普段はピンク系のラブリーなもの。イヤリング等こだわりを感じました。ところで、ご本人はこの作品を見てなんといわれましたか?
大宮:私ってこんないい人じゃあないのに、いい人に映っていると、言われました。え、充分嫌な長嶺さんも映しているよ?と思いましたが。自宅だとか、もっと映したいところもありましたが、僕らは可能な中で長嶺さんを作りました。映っていない部分も含めて、それが長嶺さんということかなあと思います。

<作品の感想とインタビュー後記:犬塚> 
普段はちっとも踊らないとご本人が言いますが、ドレスを着た長嶺さんの背中は、くっきりと背骨が通った、まさにアスリートの若い背中です。普段鍛えていないはずがありません。とても実年齢には見えない。プロのダンサーなら普段のレッスンは当たり前、そういう姿を見せたくないのだと思います。素顔を映しているようで、これは長嶺さんの見せたかった長嶺ヤスコ像かも。それに気づきながら、こう見せたいと思う姿こそが長嶺ヤスコだと、大宮監督は思ったのではないでしょうか。透けて見えそうで見えないもの、世界の舞姫はやはり舞台で見なくては!

この作品は、5月4日から第七芸術劇場、
6月1日から神戸アートビレッジセンター、順次京都シネマ にて公開
[ 2013/04/30 04:15 ] 犬塚芳美 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。