ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  犬塚芳美 >  映写室「約束~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯~」斉藤潤一監督インタビュー:犬塚芳美

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映写室「約束~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯~」斉藤潤一監督インタビュー:犬塚芳美

―東海テレビ劇場公開作品・第5弾― 

時々、冤罪が話題になりますが、ここにも一人、延々と無実を訴え続けている死刑囚がいます。昭和36年に、三重県の小さな村でおきた、いわゆる「名張毒ぶどう酒」事件の犯人とされている奥西勝さんです。

yakusoku-kan.jpg


一度は自白したものの、その後一貫して、「自白は警察に強要されたものだ」と主張し、再審請求を出し続けてきました。80も半ばを過ぎ病に犯されながら、それでも無実を主張する奥西さん。この作品は東海テレビの斉藤潤一監督と阿武野勝彦プロデューサーが、この事件の4作目として、観客に問いかける劇映画です。長年この事件を追いかけるのは何故か、斉藤監督に伺いました。

 <その前に、「名張毒ぶどう酒事件」とは>
昭和36年、三重県名張市の小さな村の懇親会で、ぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡した。当初は何人かが事情徴収されたが、村の中に愛人がいて3角関係だった奥西勝さんが、犯人となる。根拠は当人の自白だった。1審では無罪となったが、2審で逆転死刑判決。昭和47年、最高裁で死刑が確定した。しかし本人は冤罪だと主張する。事件から50年以上たっても延々と繰り返される再審請求と棄却。奥西さんはいまだに無実を訴え続けている。

<斉藤潤一監督インタビュー>
―斉藤監督とこの事件のかかわりは深いですね。とうとう劇映画まで作られました。
斉藤潤一監督(以下敬称略):ええ、この事件を題材にしたものが、今度で4作目なります。2005年に再審開始決定が出た直後、上司から、これで1本作りなさいと言われました。で、取材を開始したのですが、取材すればするほど、これは冤罪だと確信を深めたのです。だったら、この事件を知ってしまった者の責任として、再審請求が続いている限りは追い続けようと思ったのが、始まりでした。2006,2008,2010年と、2年おきにドキュメンタリーを作り、2012年(昨年、東海テレビで放映)に劇映画のこれを作りました。
―報道畑の監督が、今回劇映画を作られた訳は?
斉藤:ドキュメンタリーは本来対象に密着して作るものです。ところが独房の奥西さんには、それができない。僕らでは面会すらできません。今までの3作は、奥西さんが親族に出された手紙を映したり、関係者へのインタビューを編集して作りましたが、どうしても奥西さんの苦しみを表現し切れない。ジレンマがありました。僕らが推し量るべき一番は、独房の中で延々と再審請求を出し続け、司法の壁に阻まれ続けてきた奥西さんの孤独と苦しみです。4作目はドラマにしようと最初から思っていました。

―脚本もご自身で書かれてますよね?
斉藤:そうなんです。書き方が分からなくて、勉強しながらでした。ただ、やっていて、両者の間に大きな違いはないなあとも思いました。ドキュメンタリーも実は構成を考えながら撮影するし、編集作業は構成の模索そのものですから。
―なるほど。そして、またもや劇場公開です。
斉藤:ええ、東海テレビの作品の劇場公開は、「死刑弁護人」に続いてこれで5作目です。前作まではテレビ放映の過程で劇場にかけたいなあと思ったのですが、これに関しては最初から映画化を考えていました。この事件の起きた三重県は東海テレビの電波の届くところなので、地元では皆なんとなく知っていますが、例えば東京とか大阪に来ると、名前くらいは知っていても、今となっては、この事件の全容を知っている人は少ない。皆さんにこの事件を知ってほしい、命が消えそうになっても、まだ無実を訴えている一人の男がいることを、全国の皆さんに知らせたいと思いました。

yakusoku_sub1_convert_20130301222343.jpg
©東海テレビ放送

―キャストも日本映画を代表するような凄い方々が並んでいますが。
斉藤:ええ、こんな方々に出ていただけて光栄です。ドラマにするからには、発信力の強い人に演じてもらいたいと思いました。3作目のナレーションをしていただいたのが仲代達也さんだったのです。この作品の中にも当時の映像が出てきますが、それを見ていただいても分かるように、若い頃の奥西さんのは背が高くてかっこいいんですよ。お会いしたことはないけれど、あのまま歳を重ねられたらこんな風になるのではと思いました。でもキャスティングはスムーズではなかったのです。仲代さんに、「僕は再現ドラマには出ない。もう年なのでかかわれる作品は時間的にも限られている。納得できるものにしか出ない」と最初は断られてのですが、こちらの送った資料や、ご自身で事件のことを調べられ、引き受けてくださいました。山本太郎さんは、30代の奥西さんに似ているのです。ただ、僕は冤罪だと思っているけれど、一般的にはまだ殺人犯です。こういう役を演じるには役者として覚悟がいるけれど、彼ならやってくれるのではと思いました。この作品は残っていた当時の報道映像と、ドラマの部分が場面場面で入れ替わり構成されています。奥西さんと似ている山本さんがやってくださったおかげで、両者が繋がって、自然になっている気がします。樹木希林さんにも最初は断られました。日本を代表する女優のこの私に再現ドラマに出ろと言うのと。でもご自身で事件を調べ、名張に行かれ、妹さんを訪ねて納得されて引き受けてくださいました。ナレーションは今を時めく寺島しのぶさんで、このような皆さんに参加いただけたのは幸運でした。

―ドキュメンタリー監督が、ドラマの演出をするのは大変だったのでは?
斉藤:初めての経験ですからね。でもさっきも申しましたように、ある意味で同じところもあります。又、すばらしいベテランの皆さんですから、演技指導と言うより、そこの部分は皆さんにお任せできました。特に独房の中の奥西さんは、まったくの想像です。仲代さんが空想を巡らせてくださいました。
―お正月の料理とか、以外に豪華なのですね。食事が妙にリアルですが。
斉藤:食べると言うのは根本的なところなので、僕は元々よく映すんですが、今回は特に多いですね。奥西さんの面会ノートの中に、食べ物の記述が多いんです。外に出れないし行動も制限されている。狭い独房の中で、食べることは生きている実感とともに、大きな希望だったのだろうと思いました。特にお昼のカレーには意味があります。死刑執行はその日の朝に知らされるんです。映画でもあるように、朝の間、外の動き、職員の足音に神経を尖らせ、びくびくしている。そこを通り過ぎるとお昼の食事が出るわけです。これが来ると言うことは、明日まで命が永らえたことになる。ほっとして食べたんだろうなあと思いました。お正月にしても、さすがにこの間は死刑執行がないので、特別な料理をしみじみと食べたんだろうなあと。

yakusoku_sub3_convert_20130301222415.jpg
©東海テレビ放送

―そういう、ささやかながら豪華な拘置所の食事に対して、外にいる母親はお餅を焼いてぜんざいを食べます。たった一人のささやかなお正月の贅沢。お気の毒で身に詰まされました。
斉藤:お正月のぜんざいは、お母さんの手紙にそういう記述があるんですよ。それもお餅を小さく割って焼いて食べるんです。お母さんは人殺しの母親だと村を追われ、夫を亡くし、本当に生活に困窮していていました。拘置所の中の奥西が、封筒張りをして受け取る、月々数千円のお金の中から、母親に仕送りをしているんですからね。相当厳しかったのでしょう。最後は栄養失調で死んでいます。

―お気の毒な話ですね。この作品はこの事件が限りなく冤罪に近いと言う視点で描いていますが、本当にその通りだったら、警察や司法はどうやって関係者に償うのでしょう。閉じ込められたままで高齢になった奥西さんの人生もですが、このお母様のご苦労を思うと、お気の毒で仕方ありません。償おうにも償え切れない。奥西さんのお子さんも亡くなっているし、確かに斉藤監督の言うように、この事件の行く末から目が離せません。この作品は、事件とその後を描いてはいますが、真犯人を追う様な描き方はしていませんね? 監督が冤罪だと確信したとしたら、真犯人は誰か?と、そちらのほうへの関心が向いたのではないでしょうか?
斉藤:思うことはいっぱいありますが、多くの関係者が亡くなっています。調べようにも限界があります。又、私たちの役目はそういうことでもありません。この作品ではそこのところの追求ではなく、自白を翻した奥西さんの再審請求が、延々と却下され続けている事実のほうにスポットを当てました。

―すごいナレーションが入りますね。再審請求を却下して栄転していく裁判官のことや「再審請求を却下し続けてきた50名の裁判官たち…」と。覚悟のいる言葉だと思うのですが。
斉藤:裁判官と言うのは独立した特別な立場で、情に左右されないよう、地域の人とも交流してはいけないといわれています。しかし、そういう限られた交友関係の中で、上を見る習性ができているのではないか。外からの圧力に屈しないと言いながら、司法制度内の上司に逆らうことはできない。先輩が死刑判決を出した事件に異を唱えることは難しいのでしょう。たった一人、再審請求を認めた裁判官にしても、定年まで少しのこして早期退職するのですが、そういう時期だからこそできたともいえます。先輩の下した判決を翻すのは、しがらみ上難しいようです。

―そういう個人的な事情で、最も公正であるべき判断が歪められるのは、許しがたいです。それも判決を翻すところまで行かず、もう一度精査すると言う門戸すら開かないわけですから。この作品は事件だけでなくそういうことを強く訴えていますね。裁判官ですら自重する領域に、メディアとして進んでいくのは大変なのでは? 会社から止められることはなかったですか?
斉藤:幸せなことに、東海テレビはそういうことをさせてくれる会社なのです。圧力は何もありません。この事件を追って一番感じたのが、司法制度の不備でした。感情を抑え、冷静に対応してきた弁護団長が、最後にはとうとう怒りを爆発させて「門戸を閉ざしてきた50人の裁判官たち…」と言うわけです。このまま奥西さんが拘置所の中で亡くなり、事件が終焉するのを待っているとしか思えません。そうなる前に、皆さんにこの事件とその後の問題点を知っていただきたちと言うのが、僕たちの願いです。

―支援者が現れるまで、奥西さんはたった一人で拘置所の中から再審請求を出し続けていたのですね。もし冤罪だとしたら、たとえ無実だとしても、それを勝ち取るためにこういう強い意志が必要なのだと、ぞっとしました。誰でもできることではありませんから。ところで、「約束」と言う題名は?
斉藤:色々な意味があります。奥西さんがお母さんへの手紙で繰り返し書いている、きっとここを出て会いに行くという約束。支援者と奥西さんのきっと外で会おうという約束もあります。弁護団の中には、絶対再審請求を勝ち取ろうと言う、お互い同士の約束があるはずですし。

yakusoku_sub4_convert_20130301222500.jpg
©東海テレビ放送

―そうですね。それ以外に、斉藤監督の自分との約束、(再審請求が続く限りこの事件を追い続けるぞ)と言う約束の結実の意味も大きいかと思います。作品の中にも出てきますが、たとえ裏切られたとしても、国民として最後の砦として信じる以外に方法がない司法制度、関係者の多くの方がこれを見て、自戒してほしいと思いました。
斉藤:療養中の奥西さんの体調が心配です。生きている間に外に出してあげたいです。

<作品の感想とインタビュー後記:犬塚> 
いつもながら、肝の座った東海テレビの製作です。「大丈夫ですか?司法から目を付けられませんか?」と言ったところに、昼ドラマの件でなにやら動きがありました。まさかと思うのですが。これからも頑張ってください。応援しています。

この作品は、3月30日から第七芸術劇場、
4月13日から神戸アートビレッジセンター、
順次京都シネマ にて公開。
[ 2013/03/23 08:13 ] 犬塚芳美 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。