ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  片山通夫 >  ニューヨークタイムズ "安倍日本総理 歴史否定" 非難

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニューヨークタイムズ "安倍日本総理 歴史否定" 非難

興味深いニュースが掲載されている。ニューヨークタイムズ紙の記事を韓国・ハンギョレ新聞のWeb版で見つけたので紹介したい。
ハンギョレ新聞記事へ

***以下は<ニューヨークタイムズ>社説の全文

<歴史を否定しようとする日本のまた別の試み>

 アジアの安定に韓日関係ほど重要なものはない。 しかし安倍晋三日本新任総理は深刻な間違いとともに任期を始めるようだ。 それによって韓日間葛藤に火が点いて協力は一層難しくなるだろう。 彼が2次世界大戦期間になされた韓国人と他国の女性たちの性奴隷問題に対する謝罪を含んだ(過去の歴史に対する謝罪の意を込めた)日本政府の歴代談話を修正するという信号を送ったためだ。

 1993年日本政府は日本軍が数千名に及ぶアジアとヨーロッパ(慰安婦にはインドネシアの宗主国だったオランダ女性たちも多数含まれていた-訳注)女性たちを強姦し、売淫窟に入れて性奴隷にしたという事実を認めて、そのような残酷行為に対して正式に謝った。 1995年には村山富市総理が "過去の植民支配と侵略の歴史" を通じて日本が "特にアジアを含んだ多くの国の国民に途方もない苦痛と被害を与えたこと" を認めるより広範囲な談話を発表しもした。

 しかし右翼政治家である安倍は後から<ロイター>通信に引用報道された<産経新聞>とのインタビューで彼が1995年談話を明確に特定されない "未来指向的な声明" に代えることを願うと語った。 安倍総理は彼が以前に総理として在職した2006~2007年に戦争期間に日本軍の性奴隷として仕事をした女性たちが実際にそのような仕事をするよう強制されたという証拠はないと話した。 しかし先週の記者会見で菅義偉官房長官は安倍総理が1995年談話は維持するだろうが、1993年談話は修正する意向があることを表わした。

 安倍自民党総裁が以前の談話をどのように修正するのかはまだ明らかでない。 しかし彼は以前に日本が戦争期間に犯した歴史を修正するという意を堂々と明らかにした。 過去の犯罪を否定して謝罪をあいまいにしようとするいかなる試みも韓国だけでなく中国やフィリピンなど残忍な日本の戦時統治で苦痛を受けた周辺国を怒らせるだろう。
 (過去の歴史を修正しようとする)安倍総理の恥ずかしい衝動は北韓の核開発プログラムのようなこの地域の懸案に対する重要な協力を脅かしうる。 談話を修正しようとする企図は過去を洗濯するものではなく、長期沈滞した経済をよみがえらせることに焦点を合わせなければならない国が取る政策と見るには非常に当惑するものである。

 韓国語原文入力:2013/01/04 15:40
http://www.hani.co.kr/arti/international/america/568287.html 訳J.S(2089字)
[ 2013/01/05 11:43 ] 片山通夫 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。