ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  三室勇 >  メディア・ウォッチング 村上春樹の朝日新聞寄稿の反響  三室勇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メディア・ウォッチング 村上春樹の朝日新聞寄稿の反響  三室勇

9月28日、朝日朝刊一面を見ると、村上春樹のカラー写真が掲載されていた。よもや急死か!? と驚いたが、そうではなかった。「村上春樹さん寄稿」と白抜き題字があり、「領土問題、文化に影響憂う」とあり、文章は3面に4段のスペースを割いて掲載されていた。タイトルは「魂の行き来する道筋」。

尖閣をめぐる紛争が過熱化し、中国の書店では日本人の著作が姿を消す事態が生じている。東アジアでは、やっとそれぞれの文化が等価交換可能になってきた近年、領土問題が発端で、国民感情の対立が煽られ、築いてきた文化環境が壊されてしまうことへの危惧を語り、冷静さをと訴えかけたもの。煽られ、燃え上がる国民感情を「安酒の酔に似ている」といい、数杯で酔わせ、頭に血を上らせ、行動は粗暴になり、論理は単純化され、自己反復的になる。騒いだあとは、頭痛だけが残る。なかなかうまい比喩だ。筆者のように安酒を日常的に飲んでいると、なかなか酔わないことに苛立ったりするのだが。

さすが、世界的に売れている作家、村上春樹。反響は海外にも及んでいる。韓国の中央日報は「村上春樹氏『日本の政治家、ヒトラーの結末を見よ』」、東亜日報は「『魂の行き来する道筋を塞いではならない』村上春樹氏が寄稿」、ハンギョレは「日本知識人“独島(ドクト)は侵略の歴史…自省すべき”」というタイトル。中央日報は、便乗して煽っている感じにも読める。ハンギョレは、領土問題が先鋭化する中で、大江健三郎らの日本人の自省を促す声明文の紹介の後半で村上春樹の寄稿文に触れていた。大江らの声明文は「領土問題を論じるには、日本が先に歴史を反省しなければならない」という内容だが、日本のマスメディアは無視し、一切報じていない。韓国メディアから知ることができるという皮肉なもの。


イギリスのガーディアン紙は、10月1日に「村上春樹、島をめぐる“ヒステリー”を批判」を掲載した。その中で、日本でもファンクラブのある中国の若手ピアニスト、ユンディ・リーの日本公演ツアーが中国当局の指導で中止された話を書いている。9月30日、ニューヨークタイムズ紙は、「日本作家、ナショナリズムという“安酒”を非難」という記事を載せていた。中国でも反響があるようで、村上春樹の寄稿が全文紹介されているらしい。日本のtwitterをみると、山口二郎、内田樹、茂木健一郎らが、この話題を取り上げていた。

今年度のノーベル文学賞候補の呼び声が高い村上春樹だが、朝日の取り上げかたも、へんにおもねっているようで、いまいち納得がいかないところがある。夕刊、文化欄でよかったのではないか、私はそう思うのだが。
[ 2012/10/02 09:09 ] 三室勇 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。