ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  豊里友行 >  「オスプレイ配備に反対する県民大会」:豊里友行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「オスプレイ配備に反対する県民大会」:豊里友行

「オスプレイ配備に反対する県民大会」(主催・同実行委員会)が9月9日午前11時から宜野湾海浜公園で開かれた。参加人数は主催者発表で10万1000人。



参加人数は主催者発表で10万1000人。
大会事務局アナウンスによると、復帰後に開かれた米軍関係の沖縄の県民大会としては過去最大規模。
同時開催された宮古大会は1500人。
八重山大会は500人。
 日米政府は10月にも米軍普天間飛行場(宜野湾市)でオスプレイ12機の本格運用を始める方針を強行しようとしている。
 この県民大会では配備計画の撤回と普天間飛行場の閉鎖・撤去を求める決議を採択されている。
 仲井真弘多沖縄県知事は大会を欠席したが「オスプレイ配備は、安全性が証明され、県民の不安が払拭(ふっしょく)されない限り、絶対に反対」とする知事メッセージを寄せる。
沖縄を代表する沖縄県知事の大会欠席に大ブーイングがあちらこちらから聞こえた。
政府の圧力に屈してしまうような沖縄県知事だが、沖縄民衆の強力な意思表示を無視するのではなく、その「NO」を示した赤色でうめつくされた県民大会の会場を改めて彼は見つめ直すべきだろう。
 仲井真弘多沖縄県知事は、ウマンチュ(民衆)の心をきちんと、政府や日本本土の人々に対して「NO!オスプレイ」のレッドカードを突き付けてほしい。
 私が願うのは、米軍の新型輸送機MV22オスプレイ配備を日本本土やハワイなどのどこにも押し付けないでほしい。
 「NO!オスプレイ」は「NO!殺戮基地」につながるよう願う。
この沖縄の歴史に残る 「オスプレイ配備に反対する県民大会」が、世界的な平和を築き上げていく新たなスタートラインであることを私たち沖縄から平和発信していきたい。
 不満を一つだけこぼす。
東村高江という言葉を口にする人が、今回の県民大会では弁護士くらいしかいなかったこと。
ヘリパッド反対とオスプレイは、同じく飛行する以上は、沖縄にオスプレイが配備されれば、必然的になし崩しで、この島中を飛び回るし、日本本土の米軍基地をも飛び回ることが、予想される。
 オスプレイの配備を阻止するには、米軍基地と殺戮を本分とする軍隊を拒んでいかなくてはならない。
それは島中を軍事飛行路と化す軍民共有の飛行場である那覇空港で飼いならされて麻痺している沖縄県民の軍事飛行物への危機意識にも起因してくる。
陸も海も山も空をも占領し続けている環境を拒むこと。
オスプレイを配備できる環境を徹底して拒否していかないといけない。
この「NO!オスプレイ」の拒否の旅は、世界中を巻き込んでアメリカの軍事戦略拒否の渦中に、沖縄、岩国、そして日本へと広がっていかないとね。

[ 2012/09/12 20:21 ] 豊里友行 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。