ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  スポンサー広告 >  鄭容順 >  奈良おんな物語《20》「韓国俳優ペヨンジュン似顔絵サークル奈良―laki(らき)中:鄭容順

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奈良おんな物語《20》「韓国俳優ペヨンジュン似顔絵サークル奈良―laki(らき)中:鄭容順

「呼びかけはイラスト原画展」
Nさんの呼びかけは2005年でした。らきさんも絵を書くことは好きで鉛筆画が作風という。Nさんの呼びかけで描いてみようという気になった。肖像画を描き始めるとペヨンジュンのフアンと交流をしたい。それなら各自が描いているペヨンジュンの似顔絵を展示して語り合おうということになった。東京で「イラスト原画展」をNさんが代表者となり開いた。


Nさんの呼びかけは「ペヨンジュン」の似顔絵を描いて「ペヨンジュンのことを共に語って交流をしていこう」というのが目的だった。
Nさんたちフアンは似顔絵を通してのペヨンジュンとの共有を楽しむことにした。
自分で書いたペヨンジュンの似顔絵をインターネットで紹介していく。集って持ち寄って展示会を開いていく。似顔絵を通して皆、日本全国のペヨンジュンのフアンが仲良くなって友人の輪が広がった。
東京のコリアタウン、新大久保で開催して、また九州のフアンたちは福岡に集って作品展を開いていく。
筆者がペヨンジュンの似顔絵展にであったのは大阪市生野区の御幸森商店街のコリアタウン、2009年、コリアタウンで行われた「生野コリアタウン共生まつり」である。ここで開かれた「ペヨンジュンの似顔絵展」であった。

「生野コリアタウン共生まつり2009」
当日取材した後に原稿作成したものがパソコンに保存されていた。
同まつりの概要を少し紹介します。
2009年11月15日に開催された「生野コリアタウン共生まつり」は韓国と日本との交流「共生の町」を立ち上げて年に1度、「生野コリアタウン共生まつり―まるごと韓流、飲んで食べてつながろう」は御幸森・御幸森通中央商店街・御幸森通東商店街が主催して商店街東西600メートルで繰り広げられることになった。

コリアタウン1

同まつりの準備に際して「生野コリアタウン倶楽部」が3月に発足して準備が進められた。その前にとりあえず「チョワヨ!コリアタウン共生まつり」を2008年11月9日に開催すると韓流にあやかって1万人を越える人がコリアタウンに集ったという。その手ごたえに毎年「生野コリアタウン共生まつり」を開催することを決定した。

発足して第1回目の「生野コリアタウン共生まつり」でペヨンジュンの似顔絵を描く人たちが集った。もちろんNさんの呼びかけです。
御幸森通商店街、コリアタウンの最後の方に班家食工房がある。
ここは韓国料理を食べて展示やイベントをして韓国文化を紹介していく。
ペヨンジュンのブロマイドなど含めて韓流のグッズ、韓国食材が店頭で販売されている。

原画会場加工

この2階で「ペヨンジュンのフアンたちが描いた原画展」が行われた。
Nさんの呼びかけて日本全国のペヨンジュンのフアン、絵心のある日本人女性らが青森・新潟・東京・名古屋・福岡などから自分たちが描いたペヨンジュンの肖像画を持ち寄って展示会を開いた。
「生野コリアタウン共生まつり」に花を添えた。
2009年から毎年の「生野コリアタウン共生まつり」に10数人が展示会参加している。交通費などの諸経費は各自の負担だが会場費が無料なので心置きなく楽しんでこのまつりに参加できる。
らきさんも2009年から毎年、参加をしてペヨンジュンフアンと大阪で交流をしている。また1年に何度か関西のペヨンジュンフアン鶴橋に集って懇親会を持って情報交換をしている。韓流フアンはまた韓流により深くなっていく。
らきさんは「最初の2009年の展示会ではペヨンジュンの肖像画ばかりでした。いかにペヨンジュンのフアンということをアピールしました。けれど昨年の2011年の展示会では韓流はペヨンジュンから他の韓国の俳優も日本で知られるようになって 『私の描いた韓流スター展』と変更し、他の俳優やK―POPアイドルの肖像画も展示した。みんな、ペヨンジュンの俳優の活動を心待ちにしながら 多方面にも関心をもち いろいろ描いています」と話す。

原画会場2

また、らきさんは話す。
「コリアタウンでの展示会は楽しいです。毎年 絵を描くメンバー10数人が日本全国からが作品展示に参加します。輸送費、額装などは皆、自前の負担です。いろいろ大変ですが、会場に訪れる大勢のペヨンジュンフアンと出会えるのが楽しみです。当日、見学に来ていただいた皆さんにお礼としてお渡ししている展示作品のポストカードも喜んでいただいています。
コリアタウンでは韓国文化にふれ美味しい韓国料理を食べることができるのも魅力です」

こうした展示会の経費は参加した人が運営費を公平に割り勘で決済をしている。
Nさんの統率力とサークルメンバーの協力で「生野コリアタウン共生まつり」の開催に参加しての展示、2009年から昨年まで継続して開催している。

ペヨンジュンの情報は「ヨン友」仲間で情報交換をしている。
似顔絵は公式な画像やインターネットで紹介されている画像、またペヨンジュンが出演しているドラマなどのキャプチャーなどを参考にして描いていく。
2010年はペヨンジュン似顔絵のカレンダーも作成された。
筆者もNさんにお願いして1部、贈呈して頂いた。しかし記事構築ができなかった。大切にどこかに保存しているがさてどこになおしこんだのか記憶にでてこない。ここで紹介したいがペヨンジュンの肖像権についてプロダクションの意向もあるのでこの画面で紹介することはできない。
そして2009年、コリアタウンで展示された似顔絵も「らき」さんの作品しか紹介できない。肖像権がかなり厳しいと聞いている。

コリアタウン2

コリアタウン3

<写真説明>1、2009年「生野コリアタウン共生まつり」で賑わうコリアタウンの人だかりとイベントを繰り広げる民族学校の子どもたち。2、2009年「生野コリアタウン共生まつり」で賑わう中、班家食工房で開催していた「ペヨンジュンの似顔絵原画展」
[ 2012/08/30 06:00 ] 鄭容順 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。