ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  2012年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メデイア・ウオッチング「相撲報道は社会的偏見も許容するのか」:川瀬俊治

 相撲の報道では、社会的偏見も素通りするようだ.
スポンサーサイト
[ 2012/01/31 23:38 ] 川瀬俊治 | TB(-) | CM(-)

サハリン余話 Vol.12 :片山通夫

20090216-DSC_1911_20120129135106.jpg
 このところ、日本も厳寒のシーズンを迎えた。
[ 2012/01/29 13:55 ] 片山通夫 | TB(-) | CM(-)

日曜日新聞読書欄簡単レビュー:川瀬俊治

スピノザを朝日は特集している。今週はスピノザを読む。
[ 2012/01/29 09:54 ] 川瀬俊治 | TB(-) | CM(-)

「『明日に架ける愛』・映画案内」:鄭容順

―青森、東京、中国をつなぐ―
「きっとどこかでまた逢える」が作品のキャッチフレーズです。
受け継がれていく命―を描いた日中合作の感動作、2012年3月、日本・中国同時公開」
[ 2012/01/28 08:36 ] 鄭容順 | TB(-) | CM(-)

奈良おんな物語《13》「宮澤慶子(五行歌の会)」下:鄭容順

「奈良五行歌の会例会の会場」
2011年12月、年の瀬も押し詰まった25日、午後1時半から例会が生駒市の生駒市芸術会館美楽来ホールで「第46回 奈良歌会」が開かれていた。
[ 2012/01/28 06:30 ] 鄭容順 | TB(-) | CM(-)

映写室 「“私”を生きる」土井敏邦監督インタビュー(後編):犬塚芳美

―右傾化する教育現場で、自分を貫く―

<昨日の続き>
土井:ええ、土肥さんを入れた効果は大きかったですね。土肥さんは経歴も面白いし、行動も絵になりやすいんで、当時も色々なマスコミが取り上げていたんです。いくら描いても描き切れない、素敵な方ですよ。又、今まさに時の人でもあって、根津さんだけでなく土肥さんも、大阪公開直後の1月30日に地裁の判決があります。
watashiwo_main2.jpg
[ 2012/01/28 06:20 ] 犬塚芳美 | TB(-) | CM(-)

コラム風「脱原発そして脱欲望について考える」:南亭駄樂

 「脱原発という言葉は、反原発とどう違うのか」――上野千鶴子さんは1月15日、脱原発世界会議の閉会イベントでそう問いかけた。彼女は、「脱」には「通り抜けた」という意味がある、と言った。すなわち、私たちは原発推進、反原発運動、チェルノブイリやスリーマイルアイランド、JCOなどの事故、そして今回の福島第一原発事故を通り抜けていま、この地平にいる(さらに、核ということで言えば、ヒロシマ、ナガサキ、第五福竜丸があり、地球上のたくさんの核実験や劣化ウラン兵器なども重なる)。
[ 2012/01/28 00:00 ] 南亭駄樂 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。