ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  2011年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映写室「百合子 ダスヴィダーニヤ」浜野佐知監督インタビュー(後編):犬塚芳美

―社会に流されず、自分を貫いて生きた女性―

<昨日の続き>
―二人の関係を出会いの頃に絞って描かれた理由ですが。
浜野佐知監督(以下敬称略):原作の沢部さんが書いた「百合子 ダスヴィダーニヤ」は、百合子との7年間だけでなく、芳子の誕生から死までが描かれています。その中でも出会いの頃にスポットを当てたのは、私が芳子を幸せにしたくてこの作品を作ったからです。この作品で取り上げた後では、芳子は百合子の裏切りを経験しますからね。百合子は男の元へ去って行っただけでなく、芳子との時をも歪めてしまうんです。

yuriko_sub1.jpg
スポンサーサイト
[ 2011/10/31 06:51 ] 犬塚芳美 | TB(-) | CM(-)

日曜新聞読書欄簡単レビュー:川瀬俊治

日曜日恒例の新聞読書欄簡単レビュー。読売新聞の2冊から紹介しよう。
[ 2011/10/30 22:59 ] 川瀬俊治 | TB(-) | CM(-)

映写室「百合子 ダスヴィダーニヤ」浜野佐知監督インタビュー(前編):犬塚芳美

―社会に流されず、自分を貫いて生きた女性―

<「百合子 ダスヴィダーニヤ」とはこんな物語> ロシア語を勉強しながら雑誌の編集者をしていた湯浅芳子は、スカートをはいた侍と揶揄された女性だ。1924年、先輩作家・野上弥生子の家で、中條(後の宮本)百合子と出会い、お互いに激しく惹かれあう。百合子は17歳で「貧しき人々の群れ」を書き天才少女と騒がれた作家で、19歳の時遊学中のニューヨークで結婚した荒木との結婚に行き詰っていた。芳子に心を動かす妻に、荒木は動揺し詰め寄る。夫と芳子の間で揺れる百合子。この後芳子と百合子は、百合子が宮本顕治の元に去るまで、7年間の共同生活を送るが、この作品はその恋の始まった頃の物語だ。
[ 2011/10/30 07:40 ] 犬塚芳美 | TB(-) | CM(-)

 「ハシズム」(橋下政治)を許さない11・2講演学習集会 

 「ハシズム」(橋下政治)を許さない11・2講演学習集会
   日時 11月2日(水) 18時30分  場所 エルおおさか南館 5F
   内容 講演  池田浩士さん(京都精華大学) 
       橋下政治(ハシズム)とファシズムー「国民」はなぜ支持するのか?
      アピール
       元気ネット大阪 副代表 津村明子さん 他 2名
   参加費 500円
   主催  実行委員会  
       呼びかけ人
         石田俊幸(大阪全労協) 大川一夫(大阪労働者弁護団)
         垣沼陽輔(ユニオンネットワーク) 黒田伊彦(日・君反対
         ホットライン大阪) 中北龍太郎(しーさーネット関西)
         増田京子(箕面市議)泰山義雄(職場の人権)和田喜太郎
         (共同行動関西)
                               以上
           労働と人権サポートセンター・大阪  事務局
      
[ 2011/10/29 21:31 ] 橋下「改革」を問う | TB(-) | CM(-)

「蛇行社」通信「三十六計」の次 :吉田智弥

 吉田智弥さんの個人誌「蛇行社」通信10月号のエッセー転載します。
[ 2011/10/29 20:12 ] 寄稿 | TB(-) | CM(-)

泡瀬の海が殺される:豊里友行

[沖縄発]
泡瀬埋め立て本格再開========3
泡瀬の海が殺される・・・・・。
私は自分のやるべきことに追われる日常を過ごす。
反対運動に参加できないもどかしさ。
[ 2011/10/29 20:06 ] 寄稿 | TB(-) | CM(-)

「蛇行社」通信 脱「原発」文化へ :吉田智弥

吉田智弥さんの個人紙「蛇行社」通信今月号の巻頭エッセーを転載します。テーマは脱「原発」文化です。
[ 2011/10/29 15:49 ] 寄稿 | TB(-) | CM(-)

映写室 「百合子 ダスヴィダーニヤ」上映案内:犬塚芳美

 ―湯浅芳子と宮本百合子の出会いを描いた、浜野佐知監督の新作―
 「第七官界彷徨―尾崎翠を探して」、「こほろぎ嬢」や「百合祭」で知られる、浜野佐知監督の新作が公開になります。スポットが当たるのは、大正時代に、恋とも友情とも言える深みで、魂と魂をぶつけ合って、高みに上っていった二人の女性の出会いの日々。女性として始めて公費でロシアに留学し、後にロシア文学者として大成した湯浅芳子と、17歳という若さで「貧しき人々の群れ」を発表し、天才少女と騒がれ、後に日本共産党の書記長になる宮本顕治と結婚し、戦後プロレタリア文学の旗手として活躍した中條(後に宮本)百合子の、お互いの気持ちを探るような情熱的な出会いの時を描いたものです。

yuriko-kan1.jpg
(10月19日 大阪にて)
[ 2011/10/29 07:42 ] 犬塚芳美 | TB(-) | CM(-)

奈良おんな物語《10》「マリンバ奏者・松本真理子」下:鄭容順

「奈良教育委員会委員長」
奈良県内の教育に関する事務を所掌する行政委員会、6人の委員で構成、近年は学力向上、高校改革などの教育改革に取り組んでいる。
[ 2011/10/29 07:00 ] 鄭容順 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。