ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  片瀬五郎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

電子書籍元年2010 №8 世界最大の電子書籍

 いま流行の言葉「電子書籍」ですが、実感がまだ湧かない。わたしの旧式携帯電話では、コミックもみれない。携帯小説など画面が小さすぎて、老眼にはきつ過ぎる。携帯ではインターネットも覗けない。当然ですが、キンドルもiPadも無縁です。自宅PCの横長画面では、無料の書籍PDFも見ずらい。
スポンサーサイト
[ 2010/10/21 04:18 ] 片瀬五郎 | TB(0) | CM(0)

電子書籍元年2010 №7 「我、電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す」後編

いつまでもずるずると続いている中西秀彦さんの著作『我、電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す』紹介ですが、今回で終了しようと思っています。おそらく本文を理解しきれていないから、いつまでもだらだら続くのでしょう。理解と表現の非力を、痛感します。
[ 2010/10/14 07:33 ] 片瀬五郎 | TB(0) | CM(0)

電子書籍元年2010 №6 「我、電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す」中編

中西秀彦著『我、電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す』(印刷学会出版部発行)紹介の続編です。そもそもこの本が出版されたと知ったのは、京都新聞7月28日朝刊のインタヴュー記事でした。タイトルは「電子書籍普及は知性のデフレ」
 早速、PCで本屋の書籍検索で調べたのですが、出てこない。あれっ? 版元は印刷学会出版部で、書店には入荷するはずです。しかし印刷部数がわずか1500部と記されている。実に少ない部数です。そのせいで検索に引っかからないのか? どちらにしろ、中西印刷に行けば売ってくださるだろう。その日のうちに伺い、1階の無人受付の電話で「本を、売ってください」

[ 2010/10/07 07:32 ] 片瀬五郎 | TB(0) | CM(0)

電子書籍元年2010 №5 「我、電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す」前編

 京都府庁の西となりに、老舗印刷屋があります。創業慶応元年1865。木版・活版・電算写植…。常に時代の先端を走ってきた印刷会社です。新時代に向けた変革進化は「京都の奇跡」とよばれてきました。社是は「印刷を通じた文化学術への貢献」
[ 2010/09/30 08:28 ] 片瀬五郎 | TB(0) | CM(0)

電子書籍元年2010 №4 <7億・7億・2億冊>

何ともクイズのような数字の羅列です。実は、大日本印刷DNP常務の森野鉄治氏が、日本国内の書籍事情を説明するのに使われた数字です。
 まず本が書店で年間に売れる冊数が7億冊から8億冊くらい。そして全国の公共図書館の貸し出し冊数が7億冊以上(図書館購入は2000万冊ほど)。古本では、ブックオフだけでも年間2億冊から3億冊の売り上げがある。
[ 2010/09/23 08:26 ] 片瀬五郎 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。