ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト

ジャーナリストの取材記事、論考などそ掲載するブログ
ジャーナリスト・ネット公式ウエブサイト TOP  >  渡辺幸重

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戦争への道を歩かないために、私たちはどうすればいいか

 「特定秘密保護法案」が国会で強行採決され、成立した。異常と言うしかない。
 安倍首相は第一次内閣で、教育基本法を改悪し、国民投票法で改憲の道を開いた。そして、第2次内閣において、日本版NSCを創設し、秘密を保護し、憲法解釈で戦争ができる国にしようとしている。
 まさしく一貫しているとも言えよう。
 これまでこのきな臭い時代の雰囲気を1930年代にたとえてきたが、いまや今年が1940年のようにも思え、また1941年12月8日がいまにも来そうな恐れさえ抱く。
 「孫の時代を戦争の時代にしてはならない」と言ってきたが、「子どもの世代を戦場に送るな」と言わなくてはならない。いや「私たちは戦争をしない!」と言うべきだろう。私たちは何をしなければならないのか。
 以下、12月5日に国会議事堂周辺で撮影した特定秘密法案反対行動の画像を紹介する。
 私たちは何かをしなければならない。
 
スポンサーサイト
[ 2013/12/07 17:53 ] 渡辺幸重 | TB(-) | CM(-)

コラム風「泉田新潟県知事に何があったのか ~原発再稼働と民主主義の危機~」:南亭駄樂

柏崎刈羽原発の再稼働に反対していた新潟県の泉田裕彦知事が一転して「規制基準適合申請」(マスコミは「安全審査申請」としているが、知事の主張に従う)を容認したというニュースが流れた。実際、東京電力は9月27日、柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働に向けた審査を原子力規制委員会に申請した。
[ 2013/10/02 08:17 ] 渡辺幸重 | TB(-) | CM(-)

財界は、国民の幸福を第一に考えるべき:渡辺幸重

 政府は9月14日、「革新的エネルギー・環境戦略」を発表し、「2030年代の原発稼働ゼロを可能にする」との目標を発表した。しかし、これは国民が選んだはずの「2030年原発ゼロ」ではない。東京新聞が分析して見せたように、今回の方針だと、2030年にすべての原発が動いている可能性もあり、2030年に原発の比率を15%にするための政策のようにも見える。パブリックコメントなどに現れた国民の意思は「2030年原発ゼロ」であり、それでも遅すぎるという声も強かった。なぜ、それが「2030年代」と10年も遅い時期に変えられてしまったのだろうか。しかも、不必要な核燃料サイクル事業を維持するとしており、野田首相は「不確定なことを決めない方がよい」というような不可思議な発言もあり、国民の不信を買っている。
 また、原発維持を図る財界はそこにつけ込んで、原発ゼロ政策を転換させようとしており、自民党の総裁候補者全員も政権を取ったら原発ゼロを見直すと公言している。マスコミのなかには民主党の政策は選挙用のポピュリズムだとして「原発ゼロ」そのものに反対する論調も見える。
 民主党も民主党だが、財界や自民党や一部マスコミはどうなっているのか。民主主義をなんと心得ているのか。国民の声を真摯に受けとめ、国民の健康や安全、幸福を第一に考えるべきだ。
[ 2012/09/16 22:41 ] 渡辺幸重 | TB(-) | CM(-)

橋下市長の夏限定の原発再稼働の約束はどうなったのか:渡辺幸重

 暑さは続いているものの季節は秋。心配されていた電力不足は乗り切った形だが、関西電力は大飯原発の再稼働がなくても乗り切れたことを認めた。需要を多く見積もっていたのである。調整がきく火力発電を停めたという話もあった。それでも関電は、古い火力発電所が故障する可能性があったとして大飯原発再稼働は必要だったとしている。
[ 2012/09/13 14:35 ] 渡辺幸重 | TB(-) | CM(-)

7.29国会大包囲行動ルポ:渡辺幸重

7/29国会大包囲01
 「足下に注意してお帰りください」――警備の警察官が帰途についたデモ参加者に呼びかける。「新橋駅はどの方向ですか?」――デモ参加者も警察官に道を尋ねる。昔のデモや集会に参加したことのある我々中高年には異様な光景である。だが、紛れもなく最近のデモ(パレード)や集会でよく見る光景なのである。
 29日、大飯原発再稼働に反対し、脱原発を訴える集会と国会大包囲行動が行われた。
 この日はまるで浅草の三社祭かと思うくらいの人混みで、親子連れや障害者がファミリーエリアに行くのに苦労するほどだった。デモの主役は子ども連れの若い親であり、いてもたってもいられなくなって家を出てきた主婦である。その人たちが、みなそれぞれに自分の意思で行動している。国会正門前には「全学連」という大きな旗が翻り、「明大全共闘」などの幟も見られたが、もはや彼らにはデモの主導権はない。むしろ、それほどまでして前にしゃしゃり出てテレビに映りたいのか、と痛々しさを感じるくらいだ。もはや写真に写っても今の時代を伝える記録とはならないだろう。
[ 2012/07/30 23:05 ] 渡辺幸重 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。